April 06, 2006

NIC18期生の修了式・フェアウェルパーティが行われました。

 去る4月6日(木)新宿のセンチュリーハイヤットホテルにて、NIC18期生の修了式・フェアウェルパーティが行われました。修了式では、修了生の代表スピーチが行われました。EAP(英語研修課程)の代表、青木健介君は、1年間新聞奨学生として働きながら、オールAの成績を取得し、TOEFLの点数も320から523点にアップしました。もう一名、Academic(一般教養課程)の代表、小倉亜美さんは、米国でダンスを専攻予定です。NICに来てどんなに自分が変わり、成長したかを話されました。両名とも自信に満ちた笑顔で、見事な英語で感動的なスピーチを披露されました。

 続いて各クラスの代表が修了証書を受け取り、卒業までの道のりを思い返して
いました。また奨学金受賞者の表彰も行われ、1年間の努力の結果を参加者全員で祝いました。最後は廣田代表が、保護者の方々が自身の子供に寄せたメッセージを読み上げ、涙と感動が入り混じった中、修了式は幕を閉じました。

 式典後、フェアウェルパーティが行われ、卒業生によるダンス、合唱、歌、漫才、一輪車、バンドの演技が披露されました。どのパフォーマンスもレベルが非常に高く、パーティをさらに盛り上げていました。

 パフォーマンスの最後は、“栄光の架橋”の全員合唱。合唱の途中で、各NIC生の思いを綴った布のパッチワークが披露されました。最後の最後に、各委員会より1年間学生生活を支えてきた学生会役員にサプライズの花束贈呈、そしてさらに学生会から1年間お世話になったお礼として、永井理事長、廣田代表に花束が贈られました。

修了式修了式修了式








修了式修了式修了式








修了式修了式修了式








修了式修了式修了式








修了式修了式修了式








修了式修了式修了式


Posted by ktukjp at 23:00