December 28, 2006

NIC入学希望理由書 −広島県立高校出身●AO入試

私は、高校一年生の時にニュージーランドに短期留学し、その学校で英語を母国語としない人のための英語の授業を受けて、日本の学校で学んできた英語は受験英語で、現地では通用しないことを痛感しました。そこで、外国の方とコミュニケーションをとれるようになり、さらに興味のある学問分野を英語で学びたいと考えたので、アメリカの大学へ留学することを決意しました。

中学生の時、理科の授業で「アポロ13」という映画を観てから宇宙工学に興味を覚えるようになりました。その映画の中で宇宙飛行士が危険な状態になった時に、NASAの宇宙センターの人たちが一団となって助ける方法を考えるという姿に感動を覚えました。そこで私もNASAで働きたい、そして、宇宙飛行士を影で支える仕事に就きたい、と考えるようになったのです。さらに近年では、一般の人も宇宙へ行くことが可能になりつつあります。より多くの人が安全に宇宙へ行くことができるように、宇宙旅行に関するプロジェクト等にも携わりたいのです。

私が貴校で学び、アメリカの大学に入学していく中で目標とすることは二つあります。一つ目は、生き生きと勉強することができるようになることです。貴校で、勉強することが苦痛ではなく将来役立てるために自分からしているのでおもしろい、と言っておられる卒業生がいて私は強い衝撃を受けました。現在の日本の大学生は生き生きと学習している様子は残念ながら伺えません。私は負けず嫌いな性格なので、明確な目標を持って、同じような志のある仲間がいれば、挫折することなく頑張ることができます。貴校でたくさんの仲間を見つけて生き生きと学習したいと考えます。

二つ目は、トップスクールに入学することです。貴校ではトップスクールへ入学するために様様なサポートがなされ、自分の努次第で目標とする大学へ入学することが可能と聞き、私は目を輝かせました。私は中学校から進学校と呼ばれる学校に通っていました。レベルの高い学校では高い知識や教育技術を持った先生や意識の高い生徒が多いため、勉強するには最適な環境がありことを実感しています。だからこそ、より高いレベルで宇宙工学を学び、将来はより大きなプロジェクトに参加できるような知識や考えを身につけたいのです。

貴校での一年間、そしてアメリカの大学での生活は人生の中でもっとも充実した日々をおくることができるように常に努力し続けたい。そして、自分の夢を応援してくれている両親や支えてくれている人々に感謝して過ごしていきたいと思います。

Posted by ktukjp at 10:44