December 28, 2006

NIC入学希望理由書−滋賀県立高校出身●自己推薦入試

私は小学校の頃から英会話を始め、高校では英語コースに所属し、これまでにたくさんの英語に触れてきました。特に英語コースでは毎年春、夏、冬の三回、英語合宿があり、そこでは英語で様々な活動を行ったり、英語を使って仕事をされている方や大学の教授なとの講演を聴いたり、英語でディベートしたりしました。

授業でも英語では社会問題について読んだり、まとめたり、議論したり、プレゼンテーションを行ったりしてきました。そのような取り組みの中で、様々な事を知り、現代の日本やほかの国々について深く考えることができました。そして、三年生になった今、さらに広く、深く、世界のことを知りたいと思うようになりました。そのためにはまた、今までに培ってきた英語を十分に生かしていきたいと思うようになりました。

留学先では国際関係学を学びたいと思っています。なぜなら世界に就いて、日本について、広く深くしりたいからです。留学することによっていろいとなく荷のひととのふれあい、他国のことを知ると同時に日本についても外側からみてみたいと思います。そして日本人として、自国文化をしっかり発信できるようになりたいと思っています。

また、勉強の合間には音楽についても学び、取り組んでいきたいと思っています。幼い頃からピアノとフルートを習い、コーラスやミュージカルにも取り組んでいた私にとって、音楽は昔から欠かすことのできないものです。落ちこんだり、悩んでいるときは、歌うことや音楽を聴くことが私を支えてくれています。そして舞台もまた私が一番、自分自身を出せる場所です。

このようにして、何事にも積極的に、たくさんのことを吸収したいと思い留学することを選びました。

たくさんの学校がある中で、このNICを選んだ理由は二つあります。一つ目は、一年間東京で学べるという点です。私は将来、社会に貢献できる仕事をしたいと考えていますが、はっきりとした職業は決まっていません。しかし、一人でも多くの人が笑顔になれるような人でありたい、そして、多くの人の笑顔を支えるような仕事をしていきたいと思っています。そのために、留学をする前の一年で、しっかり自分の将来を見据え、留学が有意義なものになるよう、万全の体制で望みたいと思っています。
二つ目は、NICでなら、世界についてさらに理解を深めることができると思うからです。NICでは今まで以上に、英語を書くことや読むこと、聞くこと、話すことの能力を高め、ディベートなどをする中で、たくさんの情報を得られると期待しています。また、課題や宿題が多く出されるという点でも、自分自身の力を最大限伸ばすことができおるのでよいと思いました。

NICで留学することは私にとって、人的に大きく強く成長する絶好の機会であり、将来のための重要なステップだと思っています。そして、是非将来の明確な夢を見つけて、社会に貢献できる人材になりたいと思っています。

Posted by ktukjp at 19:28