December 28, 2006

NIC入学希望理由書−滋賀県立高校出身●自己推薦入試

私がアメリカの大学に入りたいと思ったのは、中学のときにアメリカでホームステイをしたことがきっかけです。そのときホストの方に高校や大学を案内してもらいました。そこで私が受けた印象は、学生たちが積極的に発言し、意欲的に授業を受けているところです。私は日本で、受けみな姿勢でただ先生の話を聞いていただけだったので、その光景を見てアメリカの学生とはこんなにも違いがあるのかとショックを受けました。そして私も彼らと同じ環境で意欲的に学びたいと強く思いました。帰国してすぐに、先輩がアメリカの大学に留学することを知りました。それまでわたしはアメリカの大学で、その大学の学べるとは全く思っていませんでした。先輩の行動に私は衝撃を受け、私の進むべき道はこれだと思いました。しかし、私は自分の英語力に自信がありませんでした。そこで、英語力を挙げてから留学をしたいと思い、あらゆる方法を探していました。そのときにNICを知ったのです。

高校二年生の春にNICの説明会に参加しました。説明会の中で私は一番魅力的に感じたことは、東京で一年間の転換教育を受け、多数の生徒が着実に英語力を上げている実績があるところです。ほかにも、東京で一人暮らしをすることにより、日本人としての知識を上げられると言われたところです。夏休みには夏期講習を受けました。自分から積極的に受ける授業を体験したことがなかったので、始めはとても戸惑いました。宿題も多くて午後は毎日図書館に残っていました。しばらくするといっしょに宿題をする仲間ができました。その仲間とは将来の夢を語り合い、なれない都会生活を励ましあいました。彼らに出会えたことが私の活力になっています。短い期間でしたが、私は変わったと思います。能動的な姿勢で受ける授業で新しい自分を見つけることができました。それは「自信」です。自信を持って、英語で自分の表現することができるようになりました。その他、初めて自分から学びたい、勉強することが楽しいと思いました。以上の理由により私はNICを受験しようと思いました。

私は幼いから、将来は海外で活躍する人間になりたいと思っていました。その夢を実現させるためにNICに入り、英語力をしっかり身に付けたいです。大学に入ってからは英語だけでなく、他の言語も学びたいです。その他、専門的な分野も学びたいです。そして学んだ語学と専門的な知識を活かすことができる職業に就きたいです。NICから送られてきた先輩方のメッセージ集を読むと、私が思っていた以上の厳しさであると知りました。しかし、私には先輩方に負けないくらいの熱い気持ちがあります。しっかりと授業を受けて、宿題をやって、夢が実現させられるように頑張ります。

Posted by ktukjp at 19:42