December 29, 2006

NIC入学希望理由書−北海道私立高校出身○AO入試

私はアメリカの大学でホテル学を専攻したいと思っています。人をもてなす職に尽きたいと思い、もてなしたお客様が快適に過ごす姿を見て、自分の喜びを得るホテル業に興味を持つようになりました。NICの卒業生の方のコメントでインターンを有名なホテルで経験したり、経営・食事・接客について色々と充実した授業内容について語っているものを読み、私もインターンを受け入れてくれる施設が豊富である本場で力をつけたいと考え、アメリカの大学への進学を希望しましたが、実際のところ高校卒業後すぐに渡米するのはあまりにも無謀であると言うことがわかりました。このまま渡米してもアメリカの大学に進む体制が出来ていない事がわかり、NICに入学して万全の体制を作ってから渡米したいと思いました。

夏期講習に参加したときに出会った友人達はいまでも大切な仲間です。クラスメートや寮の人とも仲良くなり、一緒に宿題をしたりしましたが、彼等はそれぞれ目的を持っていたのでその志にもかなり影響されました。高い志を持っている仲間とは高校の友人とは分かり合えない気持ちなどをお互いに話し合ったりできて仲間に重要性を感じました。また、もう一つ大事な事に気付きました。日本の学校で求められている英語とNICで求められている英語とは異なっているという事です。日本の学校では文法事項や構文を重視しています。もちろんNICでもそれらのものは大事にされていましたが、最も重視されているのはむしろコミュニケーション能力と自ら考える力でした。

ホテル関係の仕事は常に人と接するのでコミュニケーションはとても大事なものの一つだと思います。ですからNICでの一年間で、コミュニケーション能力により磨きをかけたいと考えています。また、接客をする仕事なのでお客様が望んでいらっしゃることを自ら考え、多くの提案ができるようになることも必要だと思います。

NICに入学できた際には、自分の弱点を可能な限り克服し、NICの一年間を自分にとって日本からアメリカへの転換期としたいと強く希望しています。アメリカの大学を終えたとき、胸を張って誰よりも努力したと言えるようでありたいと思っています。大学でホテル学を修め、私が生まれ育った自然豊かなすばらしい北海道を一人でも多くの人に知ってもらうために、観光業に貢献したいと思っています。

Posted by ktukjp at 16:33