December 29, 2006

NIC入学希望理由書−岐阜県立高校出身●自己推薦入試

僕がNICに入学しようとした理由は、二つあります。
一つは、僕は高校一学年の夏休みに『「夢のたまご塾」飛騨アカデミー』に参加しました。そのときに廣田和子先生の講演を聴きました。その講演は、僕にとってとても刺激的なものでした。そでまでは、高校後の進路も特に意識しておらず、のんびりと構えていました。しかし、講演が終わる頃には「もう、ここしかない。」と感じていました。僕にとって、夢を語り合い、共に頑張れる環境は夢のようでした。

二つ目は、アメリカに対する強い憧れです。集団の調和を日本は重視するのに対し、アメリカは個に重点を置いています。頑張ればそれだけ評価してもらえる世界にとても憧れていました。今までの学校生活、頑張ってよかったと思えることはありませんでした。一生懸命やれば周りから叩かれ、異端児扱いされていました。そのため、高校に入学してもやる気が起きず、何事に対しても無気力でした。そういう経緯があり、NICが目の前に現れたとき、千載一遇の好機と確信し飛び付きました。

次に、僕がNICに入学したら、勉強やスポーツ、文化系活動などを幅広くやっていきたいと思います。特に勉強は、英語力があることが大前提のため、入学前からの通信教育、夏季特別講習、ヘッドスタートプログラムに参加し、必要となる英語力を養いたいと思います。そして、入学してすぐに単位取得ができるクラスに入りたいと思います。

また、東京での生活やその後の大学生活に多大なお金が必要です。親に無理を言ってNICを受験するのでアルバイトや奨学金で少しでも親の負担を軽減していきたいと思っています。

最後に僕が無事渡米することができたら、経営学を学び、最終的にはMBAを取得して会社を創りたいと考えています。主に宇宙ビジネスを先駆けして改革し、誰でも気軽に宇宙に旅行することができることを目指します。そのためには必要な技術、資金などの課題が沢山ありますが、自分と同じ志を持つ人がいたら共に頑張れるといいと思います。僕のやりたいことを認めてくれて、応援してくれる仲間を見つけるためにも、NICを役立てていきたいと思います。

Posted by ktukjp at 16:50