December 29, 2006

NIC入学希望理由書−福島県立高校出身○AO入試

私がNICを志願した理由は、アメリカの大学へ行き本気で勉強したいと思ったからです。私は、大学へ行っても勉強をせずアルバイトをしたり、遊ぶことに時間を費やしている先輩方を見て日本の大学に興味が持てず、勉学に真剣に取り組んでいるアメリカの大学でなら、自分の学びたい分野を本気で学ぶことができると思いました。しかし、先生方の話を聞いたり、資料を調べていくうちに、アメリカの大学の英語力の高さや日本との学習スタイル・教育システムの違いなどを知り、直接正規留学をするのは困難だとわかりました。特に私にとって、参加型教育である欧米の学習スタイルは、「私はどう思うか。」「なぜ、そう思うか。」について対話しながら授業がすすめられているため、人前で話すことが苦手な私にとっては最も困難なことだと感じました。

NICでは、レベル別の授業で、アメリカの大学に必要な高い英語力を身につけながら、参加型教育スタイルに順応するためのプログラムを受けることができること、また、精神面や進路に関してだけでなく、生活面でもサポートしていただけるパーソナルアドバイザー制度が導入されていて、十分なサポート体制が備わっているということを知りました。そして、オープンキャンパスや無料英語講習会へ参加させていただき、様々な県や地方から来た方達と話をしたり、目を輝かせながら自分の夢へ向かって頑張っているNICの先輩方を見て私もNICへ入り、これから出会う仲間達と困難を一つ一つ乗り越え、共に成長し夢をかなえたいという思いが一層強くなりました。

将来はホテル経営学を学び、ホテルで働きたいと思っています。なぜなら、修学旅行で訪れたホテルでの従業員の方の笑顔が私の気持ちを明るくしてくれたからです。帰り際にたった一度その方の笑顔を見ただけで、いやな出来事を忘れ、その修学旅行をすばらしいものにしてくれました。その笑顔には人を幸せにしてくれる力があるのだと感じました。そして、わたしもその従業員の方が私にしてくれたように、国籍は関係なく多くの人々に笑顔を送り、少しでも気持ちが明るくなってほしいと思いました。嫌なことがあった方も、うれしい事があった方も「ここに来てよかった。」、「ありがとう。」と思われるような従業員になりたいです。そのためにも、英語を学び、そして英語で学び、一歩一歩夢へ近づいていきたいです。

Posted by ktukjp at 16:59