January 03, 2007

NIC入学希望理由書-栃木県立高校出身●特待生入試

私がNICに入学を希望する理由は、私の夢をかなえるのに最適な環境だと思うからです。私の夢,それは英語を駆使してホテルや航空関係の会社に勤めることです。私は旅行が代好きです。だから、将来は人が快適に旅行を楽しむお手伝いをしたいと思うのです。清潔で,より良いサービスを提供するのが当たり前な世の中ですが、その中で「このホテルはよかったね。」と言ってもらえるようなサービスをしたいです。

幼い頃から外国の生活にあこがれ、英語が話せるようになりたいと思っていました。しかし英会話塾に行けなかった私は、中学・高校の英語の授業に一生懸命取り組むこと、洋画や洋楽などを楽しむこと,そしてテレビの英会話講座を欠かさず見ることなどでした。

そんな私の漠然とした憧れが,現実的な目標に変わったきっかけは、二度のホームステイを体験したことです。一度目の高校一年生のときは,初めて訪れたアメリカの生活に興奮し、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。英語が上手に話せるとは言えなかった私ですが、何とかコミュニケーションをとろうと精一杯の努力をして,会話がうまく弾んだときはとてもうれしかったことを覚えています。私にとって今までで最大の転機だったと思います。帰国後の私は友達や先生を驚かせるほど明るく,前向きな考え方をするようになっていました。「またアメリカに行きたい」と思うから、自然と勉強にも身が入り成績も英語を中心に上昇しました。

NICの存在を知ったのはこの頃でした。とても魅力を感じていましたが、これから高校進学を控えている二人の妹のことを考えると両親には言い出せず、私は口では国公立大学進学を希望していました。しかし、毎日のようにNICの資料を眺めている私の姿を目にしていた両親は、やがて私の希望を許してくれたのです。私にとってこの上ない喜びでしたが、自分の希望が実現することが、妹たちの進学に支障を与えるようなことはしてはいけないと考えました。そこでこの特待生制度を利用出来たら,私のわがままを許してくれた両親の金銭的な負担を少しでも軽くすることになり、大きな親孝行になると思って希望しました。

高校入学以来、学業に一生懸命取り組み,それなりの成績も残してきたつもりです。そして、これからも自分の夢に向かって努力を惜しまない自信もあります。NIC入学後は先輩方に負けないような輝けるじぶんであるよう、また、明確な目標を見つけ頑張っていくつもりです。たくさん待ちうけているであろう困難も今は楽しみに思えます。私の夢をかなえるために、特待生としてNICに入学できることを心から希望しています。

Posted by ktukjp at 11:05