January 03, 2007

NIC入学希望理由書-静岡県私立高校出身○特待生入試

私がNICで学びたいと思った理由はいくつかあります。私は春休みまで日本の国公立大学を目指していました。小学校の頃から英語を勉強する機会があり、その頃から、『留学したい』という気持ちは漠然と持っていましたが、『留学はお金がかかる』そう考えていたため、国内進学を考えていました。しかし、どうしても諦めきれず両親に相談し,一度、個別相談を春休みに受けさせていただくことになりました。

個別相談で、様々な疑問、費用、どのような勉強方法なのかを知り、また、その後の学内を案内してもらったときの感動は今でも忘れられません。なぜなら、NICの学生の生き生きと英語を心から楽しむ姿が本当に、私は驚かされたからです。スピーチの発表でも,難しい単語や文法を使っていないのに、あれほど人を惹きつけることができるということに心底感銘しました。今,私が勉強している英語は、机の上で書いて、暗記するという学習で、堂々と人前で自分の意見を発表したり,人を惹きつけることのできる英語ではありません。もちろん文法や単語を思え理解することは大切ですが、私は英語を使ってもっと多くの人との意見交換をしたいと思います。そのためにはもっとしっかりと自分の考えを持ち、理由付けできる英語を見に付けたいと思いました。そのために一年間NICでしっかりと英語で考え、理論的に発表できる基礎をつけ、留学したいと考えています。他のNICの学生と一緒に楽しく一年間勉強し,自信に満ちた自分を発見したいです。

私が海外の大学で勉強したいと思うのは、海外の大学は少数の科目でも,週に何度も講義があり、レポート課題も毎回出され、徹底的に勉強漬けにされていて、日本の大学で学ぶのと違い本当に真の学問の探求ができ,自分自身の生きるための力も備わってくると思ったからです。私は将来、発展途上国で開発・援助に携わる仕事に就きたいと緒考えています。そのためには異文化を体験し,理解することが大切なので視野を広げる勉強をしてもっと世界を知りたいです。そして国際公務員として世界のどこかで紛争で苦しむ難民や貧困に苦しみ学校にいけない子供や弱い立場の人達の手助けをしたいです。アメリカの大学で一生懸命に学び、様々な国の人たちと異文化交流し自分の夢に向かって頑張りたいと思います。

また、どうしても避けられない学費についても様々なサポート制度があり、今回希望している特待生制度もその一つで、この制度を受験できると知ったときには嬉しい気持ちでいっぱいでした。私には弟もいて来年から高校生となり、学費が重なり両親に大変な負担となってしまいます。両親は共働きで私を高い学費の私立中学の為今までは学費をまかなえないため、特待生を希望しています。精一杯努力し,夢に近づけるように頑張りたいと思います。

Posted by ktukjp at 11:14