January 03, 2007

NIC入学希望理由書-北海道私立高校出身●特別奨学生入試

私が留学しようと思った理由は、小さい頃から海外に興味があったからです。また高校一年生のときに行った三週間のオーストラリアでのホームステイの経験が、私をもっと英語を話せるようになりたいという思いにさせました。さらに異文化に触れた感動もまた忘れられない経験となったからです。海外へ行くことで私は精神面で成長し、打たれ強くなり,自分の意志をはっきり言える人になり、そして自立した人になりたいと考えることが大きなきっかけとなりました。

私が最初に望んでいた留学はネイティブ並の英語を話せる人になりたいというものでした。しかし、NICを知り、資料を読んだりガイダンスに参加するうちに、本当の留学とは英語を話せるようになるのが目的ではなく、海外の学生と同じ立場に立ち、一人の学生として自分の学びたい学科や専門分野を勉強することだと気づかされました。そしてさらに日本の教育が受身であるのに対して,海外の教育は自分の考えを発言し,仲間の意見を聞きながら学んでいくという積極的な授業だと知りました。

この夏、私は実際にNICの無料英語講習会とライブセッションへ参加しました。英語講習会では、いつも私が受けている英語の授業とは進め方も英語の話すスピードも全く違い、とにかく発言して自分の意見を言う場面の多い授業でした。私は自分の意見を出していける喜びとやる気が沸いてきて、本当に楽しかったです。この授業の中で、自分よりさらにレベルの高い人と触れ合ったことも私の刺激になり、勉強に対する姿勢もまた変わってきました。勉強することを楽しく感じる自分がいます。

また説明会で印象に残った言葉は、死ぬ気で勉強したことがありますか、という問いかけでした。さらにNICを卒業し社会に出た先輩が当時のNIC時代や留学生活を振り返り、「死ぬ気で勉強して限界を知ったとき、自分はここまでできるのかという大きな自信を得た。このような経験は全ての人が経験できるものではない。」と言った言葉にも感動しました。話を聞いていても、NIC生がこなす勉強量は半端ではないし、意識の高さを感じました。私はNICと出会い、自分の中の視野が広がっていることを感じています。

私はこれからNICに入るまでに、自分の英語力をできる限り高めて上のクラスへ入り、早い時期から一般教養課程を履修しようと思っています。今は環境・社会問題に興味がありますが、はっきりとしたものではないので、たくさん階分野に触れる機会を少しでも増やし,自分の学びたい道を決めたいと考えています。NICへ行き、仲間と共に本気で努力し、自分の夢を実現させたいです。

Posted by ktukjp at 11:17