January 03, 2007

NIC入学希望理由書-福岡県私立高校出身●AO入試

私がNICに入学を希望した理由は、NICこそが私が将来の夢を叶え、道を広げるためには最も適した大学だと考えたからです。私の夢は、たくさんの人が本を通じて多くのことを悩み、考え、よりよい人生を送るきっかけを提供する世界規模の書店を経営することです。そうすることによって自分の力を世界中の人々のために役立てることができるのではないかと思っています。

将来のことについていろいろと思い悩んできた時期に、NICのパンフレットの中の大学生のコラムの中で、“No Pain, No Gain”という言葉に目が止まりました。勉強においても、スポーツにおいても的を得たいい言葉だと思い一目で気に入ったのですが、果たして自分はその言葉にみあうほどの努力をこれまでしてきたのだろうかと考えると、もちろん答えは”No”としか言いようがありませんでした。私はそんなレベルが低すぎる自分自身に気付き、大きなショックを受けました。それ以来、私は将来の夢を絶対に叶えようと改めて決意し、NICで惜しみなく努力し、学問の分野で最先端を行くアメリカの大学で経営学を専攻したいと強く思うようになりました。

私が他の大学ではなく敢えてNICを選んだ理由は、NICには大きな魅力が三つあるからです。まず、なんと言っても学生のやる気がずば抜けて高いところです。皆積極的に授業に参加し、一日中勉強しているにもかかわらず、苦労を苦労と考えずにむしろ楽しんでいるのは本当にすばらしいと思います。二つ目は、一年間日本で準備をしてから外国へ渡るという制度です。英語をしっかりと身につけられるだけでなく、大学の講義を受ける際に欠くことのできないクリティカル・シンキングを十分に養えるので、すぐに、現地の講義に対応できるのではないかと思います。そして三つ目は、サポート制度が整っている点です。各進学先の大学のカウンセリングを受けることもできるし、渡航後の医療サポートまで考えられているというのは、細かい気配りが行き届いており、本当に安心して学業に専念できるのではないかと思いました。

今と全く異なる環境に身をおく事はやはり正直言って不安です。しかし私は、およそ日本では経験できないような境地、視界が開けるのではないかと期待しています。それには尋常でない努力が必要とされると思いますが、十分なサポート体制が整ったNICは、私が必要とする全ての要素を備えていると確信しています。是非NICで学び、アメリカの大学へ正規留学を果たし、様々な国の人々を交流を持ちながら、自分を大きく成長させたいと思います。

Posted by ktukjp at 11:47