January 03, 2007

NIC入学希望理由書-鹿児島県立高校出身○AO入試

私がNICに出会ったのは、ちょうど高校一年の家庭訪問の時期でした。私は幼い頃からずっと将来の夢は、客室乗務員です。また留学や海外についてとても興味がありました。そんな時に、母の友達の娘がNICに行っているとき聞き、母の友達の方からNICの事をいろいろ聞き、海外に留学したいんだったら絶対にNICに行くべきだよと勧められて、たいへんNICに興味を持ちました。私は、もうその時から自分の行きたい学校はNICしかないと思っていました。それから、何回かガイダンスのにも行きました。講師の方のお話やNICのしくみや様子などを詳しく聞いて、やっぱり自分にはNICしかないと思いました。私はもともと日本の大学や短大には全く興味がもてませんでした。先生方や学生の皆さんが目を輝かせて頑張っている所や夢を語り合える仲間がいること、信頼できる先生がいる事、そんなNICに行けると想像しただけで胸がいっぱいになりそうです。ガイダンスでは先生の言葉一つ一つが心に響き、こんなにも自分の夢にあった学校に出会えたことに幸せを感じ涙が出てきました。絶対にNICに行きたいと決心しました。

こうやってNICを受験するためには友達、家族、先生方、まわりの方達の支えがあったからだと改めて幸せを感じます。母や祖母は、自分のやりたいことがあって、行きたい道があるのなら他のことは心配しないで頑張りなさい。と応援してくれています。一番身近な存在の一番の理解者や支えてくれているのはやっぱり家族や友人です。まわりの人達の優しさを大切にして、NICで頑張っていきたいです。

私の叔母はスイスの人と結婚しています。そのせいか自分の中では外国に対して興味が強く、幼い頃から客室乗務員になりたいという夢は私とつながっているようでずっと変わっていません。また外国人と結婚して可愛い子供が欲しいという夢もあります。ほか夢はたくさんあります。祖母が日本舞踊の師範をしていて、小さい頃から日本舞踊を習っていて、ボランティアや舞踊公演でよく踊ったり、中学三年の春に名取りを取りました。こういう経験を生かして、外国の人々に日本舞踊を見せてあげたり、教えてあげたりして、日本舞踊を世界の人々に広めていきたいです。また、何年か前、アメリカ合衆国で同時多発テロがあった際、テレビでテロで親をなくした子供達を世話している人々を見ました。その時私もそういう風に困った人々の傍に駆けつけて役に立ちたいなぁと思いました。私は家族が大好きです。お年寄りや子供も大好きです。何か人々の役に立って世界中の人々と少しずつでも交流しながら、世界の人々の喜ぶ顔や笑顔が見たいです。

私はNICに一目惚れしてから夢がたくさんできました。こんなにたくさんの夢を叶えるために私は絶対NICに行きたいです。自分の夢を叶えるために家族や地元の友達に支えられながら、信頼できる先生方と共に夢を持つ友達とNICで自分の好きな事やできる事を発揮して、新しい事にも挑戦しながら一日一日を大切に留学、将来の夢に向けて頑張りたいです。NICに入学できて、英語の夢が見れたら本当に幸せです。

Posted by ktukjp at 11:56