January 03, 2007

NIC入学希望理由書-栃木県立高校出身○自己推薦入試

私とNICとの始めての出会いは昨年の春でした。中学生の時に体験したアメリカでのホームステイでは、十分に意思疎通ができない自分自身の無力さを痛切に感じました。当時から私は英語が好きだったう上に、得意科目でもあったので、その時はとても落胆しました。そのことがきっかけで、私は留学を志し始めました。高校に入学してからは、日本の大学への進学は考えずに留学という道を選択することを決心していました。普段から英語に慣れるためにも、休日は英語で映画を鑑賞したり、学校のALTの先生と積極的に会話をしたりと、日本にいても可能なだけ本場の英語に触れる努力をしました。

しかし、留学をしようと決心はしたものの、その手段が山ほどあることにも悩みました。いくら英語が好きだからと言っても、自分の実力が伴わなければ留学は失敗に終わってしまうし、実際にあきらめて帰ってきてしまう人も何人もいると言う話を聞いてとても不安に思っていました。また、私の周りには留学という同じ目標を持った友人がいなかったので、相談もできずにいました。しかし、そのような時に丁度学校案内の中からNICを見つけたのです。それが昨年の春でした。早速パンフレットを取り寄せて読んだ時に、「私にはここしかない」と感じました。直接留学することには不安もたくさんあり、日本での一年間の転換教育というNICの制度が私にはどうしても必要だと思ったからです。それに、NICの教育理念にも強くひかれました。私はアメリカで観光学を学びたいと考えていたので、実際に観光学を専攻している先輩のメッセージも魅力的でした。両親と一緒に参加したオープンキャンパスでは、パンフレットでは知ることのできない先生方や先輩方の生の声を聞くことができ、NICの熱意を肌で感じることができました。両親も、実際に説明を聞いて十分に納得してくれました。それ以来、留学したいという思いと、NICに是非入学したいという気持ちが、益々大きくなりました。廣田代表のおっしゃっていた「NICの学生は輝いている」という言葉にも強くひかれました。自分と同じようのに「留学」という目標を持った仲間たちと一緒に学びたいし語り合いたい、そして共に励まし合って夢を実現させたい、今は心からそう思っています。そしてそれを現実にすることができるのは、今の私にとってNICしかないのです。ここで是非、自分の可能性を信じて限界にチャレンジしてみたいです。

Posted by ktukjp at 12:06