January 03, 2007

NIC入学希望理由書-栃木県私立高校出身○自己推薦入試

私は三歳から六歳までブラジルで過ごし、サンバやアルゼンチンのタンゴなどの文化に触れて育ちました。六歳のときにブロードウェイで観た“CATS’”の舞台に魅了され,ミュージカルに憧れを抱くようになりました。帰国後はピアノとバレエを習い、高校ではミュージカル部で活動しています。

ミュージカルをやる中で一番好きなのは、ダンスです。振りは先生がつけてくれるのですが、その振りをどこまで自分のものにしていけるか,どこまで観客に伝えられるか、と試行錯誤を重ねていくのが楽しいです。三年生になってやっと、演技も楽しめるようになってきました。役になりきれば、老人や子供、動物や植物にだってなれるのです。今はまだほんの端をかじっている常態に過ぎませんが、必ず舞台に立てるだけの実力をつけていきたいと思っています。

忙しい日常生活の中で、多くの人は感動を味わう機会が少ないと思います。しかし、様々な文化に触れる中で、人は心をリフレッシュさせることが出来るのではないでしょうか。私は,ミュージカルという分野で活動し、人と感動を共有していきたいと思っています。

進路を決めるにあたり、具体的に将来について考えるようになり,ミュージカルを本場で学びたいという念が強くなりました。日本の大学では,ミュージカルは学問として認められていないという現状があり、将来に亘り長くミュージカルに関わっていくためにも,総合的な勉強をしたいと考えています。

貴校の説明会に参加して、先生方からお話しを伺い、先輩方の制作ビデオを拝見して,海外で学ぶために必要なことをしっかりと学び、自分の夢を叶える方法があることを知りました。留学後のサポート体制もとても頼りになると思いました。

留学に向けて真剣に学び、語学は元より、視野を広げ、一つ一つの事を大切に、自分が何をどう考え、感じているのかを、しっかり意識して、言葉に表せるように努力していきたいと思います。

私の長所は、自分で決めた事は最後までやり遂げることです。
これからの人生を有意義に過ごすために、貴校での勉強に全力で取り組み,自分らしく社会の役に立っていけるよう、頑張る決意です。

Posted by ktukjp at 12:20