January 03, 2007

NIC入学希望理由書-群馬県立高校出身●AO入試

私は幼い頃から英語が好きで海外に興味を持っていました。小学校の頃は海外に住み、そこで働き、世界で活躍できる人間になりたいと思っていました。そして高校生になり,今度は海外で学びたいと思うようになりました。

私は最初、日本の大学を考えていましたが、どの大学の資料を見ても興味を持てず、行く気にもなりませんでした。まず日本の大学生は遊んでいる印象があり、大学に何故行くのか分からなくなったからです。高い学費を払って無駄に4年も過ごしたくありません。それに家は母子家庭なのでそんな事をしている余裕はありません。それだったらと、私は母に思いきって「留学へ行きたい」と相談してみる事にしました。真剣に聞いていたからです。まず私は全ての留学機関に資料請求をしました。隅から隅まで資料を読み、興味あるところだけを抜きました。そして最後に残ったのがこのNICでした。NICのパンフレットからは先輩方の努力と,海外で学ぶ楽しさや苦しさが伝わってくるような気がして自分の小ささに涙が出てきました。そして私も海外で学んで先輩達のように大きくなりたいと思ったのです。そして早速母を誘いNICの説明会へ行きました。説明を聞いているうちに、学費も日本とそれほど変わらず、広い分野から学べるということで、母も納得してくれました。母子家庭ということから、留学は無事だと諦めていた私の前に一つの道が開けたような気がしました。

私には夢がたくさんあります。しかし何が自分に向いているかわからないため、到底一つには絞れません。このまま日本の大学へ行っても、結局専攻が自分に合わずに失敗したり、学んだ知識を生かせないまま終わるのは目に見えています。それに対し海外には専攻を変更することが可能な大学があると聞き、またしても私は「留学するしかない」と思いました。しかもNICで。留学へ行きたい理由は主に以上ですが、他にも海外へ行く、つまり一人で知らない国で学び、生活していく事は容易だとは思っていません。しかし、これを乗り越えた後、私は一回りも二周りも大きくなれると信じています。私の夢、つまり目標に大きく近づけると確信しています。NICを選んだ理由。それは前にも書きましたが、どこの資料よりも一番多く学んでいる者の感情が伝わってきたからです。みんな夢に向かって生き生きしていると感じました。後は直感ですが、「私はここなら頑張れる」と思ったのです。自分の夢を堂々と人に語れる場所がNICだと思っています。志の高い友達と一緒に学べる日を楽しみにしています。私の夢を叶えるために、手を貸してください。お願いします。

Posted by ktukjp at 12:23