January 05, 2007

NIC入学希望理由書−山口県私立高校出身●AO入試

夢を実現するために、私はNICに入学することを強く希望します。英語で自分を表現する力を付け、同時にフォトグラファーになるための技術を磨きたいと思っています。

まず、英語力を高めたいと思うようになったのは、高二の時に行ったホームステイがきっかけでした。英語という教科が好きですし、自分は得意なほうだと思っていたのですが、語学習得の難しさを思い知らされたのです。ホームステイ中、自分の言いたいことがなかなか伝えられず、積極的に話す事が出来ませんでした。ホストファミリーからも「あなたはおとなしい」と、これまでになかったことを言われてしまい、一緒にホームステイに参加したクラスメイトと日本語で話すときだけが安心できました。しかし、帰国してから、語学研修が目的だったのに日本語に甘えてしまった事を後悔しました。そのときの反省を活かしてNICに入ったら留学前に出来る限りの準備をしたいと思っています。語学研修中に感じた英語力の劣等感をなくすために英検一級の取得や、TOEFL550点以上のスコアを目指します。高いレベルに到達して自信をつけたいと思います。自分を積極的に表現するには言葉を巧みに使いこなせる必要があります。後悔を後悔のままで終わらせたくはありません。改めて、日本語に甘ええる事の出来ない環境に身を置き、英語力を高めたいと思います。

また、写真の専門的技術を高め、追求したいとも思っています。私は写真をとる事が好きです。光をうまくとらえ、一瞬の表情を見逃さず、被写体自信を写し撮ることは面白いけど、簡単ではありません。ですが、写真によって自分の想いが人に伝わる喜びは何物にも変えがたいのです。私は○○高校で、入学当初存在しなかった写真部を立ち上げ、部長として活動してきました。今までフォトコンテストに多数応募し、「学校大好きフォトコンテスト」で銀賞を受賞しました。写真甲子園という高校の写真部のコンテストでは中国ブロック予選を通過しました。全国ブロックには進めませんでしたが、写真部のメンバーと議論し、切磋琢磨して最高の物を求めたその時間には大きな意味があります。私は写真を趣味としてではなく職業に繋げたいので更に深く学びたいのです。写真を専攻し、世界で活躍できるフォトグラファーを目指したいと思っています。

自分の想いを伝える様々な手段の中、「言葉」と「写真」は私にとってもっとも興味深いものなのです。英語と同時に写真を芸術・技術面で進んでいるイギリスで勉強する事は将来の夢を実現する第一歩なのです。○○高校で学んできた事を礎に更なる英語の習熟を求め、NICへの入学を希望します。

Posted by ktukjp at 14:28