January 05, 2007

NIC入学希望理由書−北海道国立高校出身○自己推薦入試

私がNICへの入学を希望する理由は三つあり、その中でもっとも大好きな部分を占めているのが、心底英語が好きである事。次いで、異国の地で学べる事の魅力と新鮮さへの憧れをいただいた事。明確な目標を持って決断した事の三つです。

まず、最初に挙げた理由について。私は初め日本の四年制大学への進学しか考えておらず、その中で、特に英語を集中的に学ぶ事ができ、留学が出来る所へ行こうと思っていました。しかし、学校案内の資料を取り寄せている間にNICの資料が自宅に届き、耳にした事の無い校名に最初は驚きましたが、その資料に目を通している内に、自分が頭の中に描いていたよりも遥かに理想に近い学校だと気付きました。大好きな英語を学ぶ上で、これほどまでに良い環境が整った学校はここしかない、ここで自分の持っている力を伸ばしたいと思いました。

次に二つ目の理由について。NICの特色である、一年間は日本で、三年間は海外でという、日本の大学にいては経験できない教育プログラムに惹かれました。自分とは異なった国の人たち、異なった文化や考えを持った人たちと学びを共有できる事のすばらしさと新鮮さを肌で感じることは、自分の将来を大きく左右すると考えています。海外の大学では専攻できる分野が多岐にわたりあり、自分が本当に学びたい事を発見し追求できるというところに魅力を感じました。それに加え、日本でしっかりと英語力を身につけてのとこうということで自信を持って行ける点では、とても大きな手助けになると思いました。しかしながら海外の大学へ行けばもちろん授業も英語で、母国語の通じる場所がかなり限られてきたりと、色々不安材料が沢山あります。ただそれらの解決策として、対照的に、なによりその苦点が、個々を頑張ろうと奮い立たせる気持ちに火を焚き付け、ネガティブな考えを燃やし尽くしてくれる。そんなポジティブな考えを常に持つ事で道を切り開いて行ける、そう信じる事です。

最後に三つ目に挙げた理由について。私は今まで、何かに明確な目標を持って行動した事がありませんでしたが、今回は、今までとは変わる事が出来ました。それは、学びたいという精神が自分の中で芽生えたからです。これまで勉強は、押し付けられて、やらなければならないといった感覚でしたが、自分でも気付かないある日を境に心中で、身の周りの物事の全てが勉強なのだという、意識の変動が起きていきました。国際化してゆく社会の流れに沿って生きてゆくうえで、自分が、日本と世界との架け橋となりたいという夢を叶える事。これが私の目標で、その目標を達成するためにNICで海外へ行っても困らないための学術を身に付け、渡航はその術を十分に活かして、又多くの新しい知識を吸収し、勇往邁進してゆきたいです。

これらを志望動機として、貴校ネバダ・カリフォルニア大学国際教育貴校Japan(NIC)への入学を心より希望します。

Posted by ktukjp at 14:30