January 05, 2007

NIC入学希望理由書−神奈川県私立高校出身○自己推薦入試

私の夢は、今頃の経験を活かし、自分なりの感性で人に感動を与える通訳になり、アメリカと日本の架け橋になる事だ。

小学三年生のとき、初めて外国のオーストラリアへ行き、異国の方たちと流暢に会話をする通訳の仕事を目にして憧れを感じたことから、将来英語を確実に身に付け、海外で通訳の仕事をしたいという大きな夢を持った。

これまで夢実現に向けて、年間英会話学校へ通い続けており、更に去年の夏には、ホームステイしながらアメリカのロックヘブン大学で歴史と文化を学んだ。海外での授業は、ただ受けるものではなく、積極的に参加する形であり、内容は主にディスカッションであった。それまで、アメリカの大学の授業形式をあまり知らず、不安な点も多々あったが、将来通訳を目指している私にとって、能動の形による授業が最もふさわしいと考え、海外の大学への進学を強く心に決めた。

度々自分の英語力に不安を感じるが、そのような時いつも私に勇輝と希望を与えてくれたのが、海外のテレビドラマの「フルハウス」だ。幼い娘三人と夫を残して妻がこの世を去り、母の代わりとなるベビーシッター二人と共に新たな生活を始め、明るさを取り戻していく。様々な事にチャレンジし、失敗したり、次から次へとトラブル続きで苦労の一家だが、時には一致団結し、家族の絆を深め、経験を積んでいく。そんな彼らの生活に心打たれた。そして「フルハウス」の主題歌となった、“Everywhere you look”の一節の、“Don't sell your dreams so soon!”(夢を捨ててはいけない)に感銘を受けた。何度も自信をなくした私に、いつも励ましを与えてくれた。また憧れから実際に、「フルハウス」の舞台となる、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを訪れた。そこからの絶景と海の偉大さに惹かれ、これまでの不安がとかれるようで、希望がわいてきた。「フルハウス」から、人は失敗しながら成長していく、諦める前にチャレンジするという事を教わり、自信をなくしても決して諦めてはいけないという事が分かった。
貴校への入学が許されるならば、語学はもちろんのこと、アメリカの大学でアメリカの歴史・文化を深く学びたいと願っている。

Posted by ktukjp at 14:35