January 08, 2007

NIC入学希望理由書-静岡県立高校出身○特別奨学生入試

今やりたいことがたくさなります。知りたいことも。宗教学や心理学などの人間の心や考え方について勉強してみたいし、経済学やマネージメントのように社会の動きを知るということもしてみたいです。もちろん、英語はこれから生きていくうえで必要不可欠だとおもっているのでマスターしたい。

しかし、そうは思っていても日本で進学しようとすると一つしか選べないですし、何よりも試験勉強をがんばったところで入ってから遊びに精を出してしまうなら、入っても意味がないのに、そのような話を聞くとやはり日本の大学には魅力を感じませんでした。

空っぽの人間にはなりたくありません。どこへ行っても信頼される強い人間になりたいです。ちゃんと知識を身につけて、一生を捧げられる仕事に出会い後悔しない人生を送りたいです。だからNICを選びました。このまま魅力を見つけられないまま大学進学してしまったらきっと何も得られない上に、自国にいる安心感という生ぬるい環境でダメな人間になってしまうのではないかと思いました。

NICの生徒さんの勉強量は他とは比べ物にならないほど多いし、大変だと聞きました。それほど苦しい環境の中でもみんな夢をつかんでいるのはすごいと思いました。わたしもこの中だったら困難でもがんばれると確信しました。留学したいのもあえてつらい境地に身をおいて、この先なにがあろうとも負けない強い精神力を養いたいからです。

NICの中で一番魅力に感じたのが、授業でした。体験授業に参加させていただきました。先生が楽しく話をしてくれたり、発表したり、ディスカッションしたりとものすごく楽しかったです。それだけではなく、私は人前で人を惹きつけるような話し方を身につけたいと思っていました。口で説明するのが下手なんです。だから、NICで教育を受けて、『話せる人』になりたいです。

国公立志望だったのを、いきなり変更して留学の道を選んだので、両親や学校の先生にはたくさんの迷惑をかけてしまいました。しかし、“ここだ!”と思えたのはここだけだったんです。いつも迷っていて、もう見つからないかと思いました。ここでなら、どんな試練でも乗り越えられます。

迷惑かけた分、NICでがんばって海外でたくさん勉強して親孝行したいと思っています。NICに入学できたら、一人暮らしでさみしくなるけど、それを強さに変えて、きっと人間的に成長して強くなってやります。

Posted by ktukjp at 19:15