January 08, 2007

NIC入学希望理由書-神奈川県立高校出身○AO入試

私が貴校の学習環境で最も魅力を感じたのは、参加型の授業という点です。それは教師から生徒への一方的な講義タイプのものや知識の詰込み型のものより、楽しく学びながら自分で考える本当の力が身につけられるものだと思います。また、今まで自分の意見を積極的に主張することが苦手だった自分を変えることができるとも思いますし、何よりも授業を英語で受けられるという点に意欲をかきたてられました。

私が初めて生きた英語に触れたのは、小学校3年生の時にハワイに旅行したときのことです。もちろんその頃はまだ英語は話せませんでしたが、目にする様々なものが新鮮で、漠然とアメリカという国に対して憧れを持つようになりました。高校2年生の時には、いとこの結婚式に出席するためにニューヨークに行きました。そこで買い物をしようとして、日本で買ったガイドブックに載っていた「買い物で使う英文」というものを使ってみたところ、全く通じませんでした。そこでとっさに自分で考えてつくった英文を話してみると、みごとに通じ理解してもらえたので、とても嬉しく思いました。実際にはその後も、英会話というより買い物や店で注文をする程度のもので終わってしまいましたが、このときの経験が外国の人ともっと話せるようになりたいと思うきっかけになりました。そして貴校を知った時に、ぜひこの環境で学びたいと考えたのです。

私には二つの夢があり、そのひとつはスポーツジャーナリストになることです。小学校からのサッカー経験を生かし世界中でサッカーに関しての記事を書きたいと思っています。そして全てのスポーツジャーナリストから尊敬されるだけでなく、世界中の選手からも信頼されるスポーツジャーナリストになりたいと考えています。また、私はコンピューターに興味があるので、新しい画期的なコンピューターのソフトを開発するという夢もあります。そしてその夢をコンピューターの最先端の国アメリカで実現させたいと考えています。以上の夢はいずれも英語を習得しないと始まらないことなのですが、その全く別方向の専攻のどちらに行くべきか、現時点ではまだ決めかねています。それがアメリカの大学の場合は、1〜2年の時に基礎的な学問を習得した後に専攻を決められるということなので、実際にアメリカで様々な経験、学習を積んでから、じっくりと自分の進路を決められると考えたことも貴校を志願する理由になりました。

語学の習得には、身近な環境が最も大きく影響するということは、海外旅行の経験で実感しました。また語学力に限らず、日常の生活を外国で送ること自体が、豊かな経験を自分にもたらしてくれると考えています。自分の夢の実現のため、そしてその将来につながる充実した学生生活を送るためにも貴校への入学を切に志望しております。

Posted by ktukjp at 19:18