January 10, 2007

NIC入学希望理由書 - 愛知県私立高校出身●AO入試

私は、3歳の頃からずっとサッカーを続けてきました。振り返ってみると、常にサッカーのことばかり考えて生活していたように思います。でも、高校2年生になり、大学のことや将来のことを考えるようになり始め、自分はこのままサッカーばかり続けて、周りが見えず、将来何がしたいのかもはっきり決まらないままで、大学生活に向かっていいのかと思うようになりました。

そのようなときに知ったのがNICという学校です。資料を何度か拝見させていただき、海外の大学で学ぶという、自分にとっては、とても新しい考えが生まれてきました。最初に参加した説明会でお話を聞かせていただき、それまで自分が抱いていた留学に対する印象が、全く変わりました。留学というと、難しい、怖い、といったイメージがあり、また、頭の良い人だけが参加するものだと思っていました。しかし、NICでは、夢を持った仲間と出会い、一緒に学んでいけることを知り、自分でも留学できるのではないかと思えるようになりました。DVDなどで見たNICの学生は、誰もかもが本当に楽しそうで、自分の夢や考えをしっかりもっており、とても充実した生活を送っているように思いました。日本の大学生とは違い、NICの学生は、大学で「遊ぶ」楽しさではなく、大学で「学ぶ」楽しさを知っているのだと思いました。自分もそんな大学生活が送りたいと考えています。二度目の説明会の時には、実際の留学体験談なども聞かせていただくことができ、留学を通していろいろな国籍の人と話せたり、いろいろな考えを持つ人との出会いがあるということを知りました。

日本とは違って、自分の意見や考えを求められる海外の大学で学ぶことは、これまで人の意見を聞くことのほうが多かった私にとって、とても大きな自信につながると思います。社会で通用する自立した人間になるためには、海外留学は貴重な経験になるはずです。将来のことは、まだ漠然としていますが、留学で学んだ英語力と自主性を生かし、世界を駆け巡るような仕事や航空関係の仕事、海外でのスポーツマネージメントなどの仕事をしてみたいと思っています。いろんな国の人々と接して、みんなが喜んでくれるような、人と人の掛け橋となれるような仕事がしたいと思っています。この先多くの人と出会い、自分の視野考え方を広けるために、NICや海外の大学で、英語によるコミュニケーション能力や、自主性を養いたいと思い志望しました。

Posted by ktukjp at 17:27