January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 山形県立高校出身●自己推薦入試

私は小学生の頃、母親と一緒に英会話のテレビ番組を見ていて、英語を話せるようになりたいと強く思うようになりました。最初はただ漠然と英会話ができるようになりたいという考えでしたが、中学校で本格的に英語の授業を受けるようになって、留学したいという気持ちが芽生えてきました。

高校に進学して、より高度な英語の授業を受け、英語力を高めたいという気持ちは一層強まりました。同時に自分の進路についても真剣に考えるようになりました。日本国内の4年制大学に進学することも考えましたが、どうしても国内の生活では、英語を使う機会が限定されてしまいます。日本の大学から期間限定で留学する方法もありますが、それではけで英語が堪能になった人を私は知りません。私は世界の人々と意思の疎通ができるような英語力を身につけたいと考えています。だからこそ海外の大学で学びたいと思うのです。

私はパンフレットなどを見て、欧米の大学と日本の大学とでは授業方法に大きな違いがあることを知りました。私はその日本の大学とは違う授業方法で自分の力を伸ばし、自分を高めていきたいと考えます。日本語も使えず、日本人もいない中で3年間も4年間も過ごすのは、大変厳しいことであろうと思いますが、あえてその厳しい環境に自分の身を置くことで、精神的にも強くなれると考えています。

私は英語には強い関心がありますが、現時点での英語力には不安があります。したがって留学教育機関へ行ってから留学しようと思っていました。そんな時に友人からNICのことを聞きました。日本の大学を通じた留学であれば、提携校だけに限定されてしまいますが、NICからであれば、はるかに多くの大学から選択することができます。また私は、説明会やライブセッションに実際に参加して、先輩方のお話を聞きました。学習量が多くて大変だと感じた一方で、充実感・達成感も感じることができました。オープンキャンパスで実際に授業を体験してみて、これまでの英語の授業とはまったく異なる楽しい授業だと感じました。そして、私も先輩方のように充実した毎日を過ごしたいと強く思いました。

留学するというと、たいていはアメリカへの留学を想像しますが、私はイギリスへの留学を考えています。アメリカよりもはるかに歴史が長く、そして一つのことを専門的に探求できるからです。そして何より、日本人が少なく、留学するには非常に良い環境だと思うからです。

最初は漠然としか考えていなかった留学ですが、今は現実のこととして考えられるようになりました。そしてNICに入学して、その夢を実現させるように頑張っていきたいと思います。

Posted by ktukjp at 11:58