January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 栃木県私立高校出身○特待生入試

現在の私は、まだ将来の目標が漠然としていて決まっていない。しかし、高校時代のオーストラリアでのホームステイ体験を通じて、海外で生きていくという選択肢もあるのではないかと考えるようになった。3週間という短い期間ではあったが、ホストファミリーをはじめ、多くの人と英会話だけでなく、ボディランゲージを混ぜて表現する事で、言葉に多少の不安があっても心は通じ合えることにコミュニケーションのすばらしさを感じた。私は多くの友人を持ち、誰とでも仲良くすることができるという長所を持っている。この長所を生かしつつ、世界の人たちとコミュニケーションを取れる環境に自分を置き、多くの人たちと触れ合いながら、夢を探していきたいと、強く思うようになった。自分にとって視野を広げるためのステップである留学という道を歩むために、私は貴大学への進学を志望している。

NICへの進学を希望する理由は、まず少人数クラスでの英語だけで行われる体験授業に魅力を感じたことにある。今まで受けてきた授業とは異なり、楽しく、先生がフレンドリーに笑顔で接してくれ、生徒一人ひとりの考えやミスもそのまま生かしながら授業をしていくということが印象に残った。NICでは知識を高めることで、終わるのではなく、それを使って思考する学習が中心であり、私が理想とする学習に近い。またNICの先生方のやさしさや在学生の生き生きとした姿を生で感じられたこと、個別カウンセリングや日常の相談を受け持つパーソナルアドバイザー制度、チュータリングなどの、生徒をサポートする体制が充実し、レベル別のクラス編成など、生徒が勉強しやすい環境が整っていることに強く惹かれた。このような環境の中で、英語力と人間性の両面が育てていけることに魅力を感じた。

ただ問題点は金銭面で、私は家族が多く、兄妹も多い。昔母が大病を患い入院したこともあり、経済的に不安がある。これから多くのことに挑戦して行く上での金銭面での負担を考え、今から自分の力で軽減できる部分は、将来のために軽減していきたい。自分の夢を探すための第一歩を、自分の力で切り開きたいと考え、「特待生制度」に挑戦することを決心した。

今まで、私は受身の生活を送ってきた。しかし、これからの人生において今までのような受身で中途半端な生活を繰り返したくない。だからこそ貴大学で、「頑張りぬく力」辛いことを乗り越えて得られる「夢に向かって突き進む力」を身につけて、何事にも自信をもって挑戦していけるようになりたい。そして、さまざまな文化を肌で感じながら、モチベーションを上げ、私自身が大きく成長し、大きな夢を持ち、その夢を叶えていけるように努力していきたい。私は、貴大学で、大きな人間になれることを信じている。

Posted by ktukjp at 13:52