January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 東京都私立高校出身●AO入試

僕がNICと出会ったのは、インターネットでたまたま留学について調べていた時のことでした。そもそもなぜ留学に興味を持ったのかというと、高校が行っているケンブリッジ大学での英語研修に参加したことがきっかけです。元々海外での生活に強い憧れをもっていた僕にとって、ケンブリッジでの約3週間の生活は、正に夢の様な出来事の連続でした。ケンブリッジがあるイギリスは歴史を重んじる国だけあって、どこもすばらしい景観でした。また、人々も紳士的な人が多く、たちまちイギリスの虜になってしまいました。しかし帰国して一番強く感じたことは、もっと英語を勉強しておけばよかったという事です。もし英語を話せたら、イギリス人の友人が出来たかもしれない、もっと自由にロンドンの街を歩きまわれたかもしれないと、たくさんの後悔をしました。この事がきっかけで、もっと英語を学びたいと真剣に思うようになり、どうせなら留学した方が早く身につくのではないかと考えるようになりました。

そして、NICに出会ったのです。はじめは興味本位にしか考えていなかったのですが、ライブセッションに参加してみて、「ここしかない。」と直感しました。というのも、パネリストであるOBの皆さんがとても輝いて見えたからです。皆さん、英語を話せるだけあって、まだ若いのにとても堂々としていて、早くも大人のオーラが出ていました。いまどき、あれだけしっかりしている大人もなかなかいないと思います。英語を話せて、人前で堂々と自分の意見を言える、正に僕が考える理想の大人像です。

僕には留学をする上での目標が二つあります。一つはもちろん英語を話せるようになること、もう一つは、もちろん英語を話せるようになること、もう一つは大好きな映画の勉強をして、映画館系の仕事に携わることです。僕は小さい頃からディズニー映画やスピルバーグ監督の作品が大好きで、いつか自分も制作に関われたらなぁといつも思っていました。映画は僕に、愛や友情の素晴らしさ、自分を信じることの大切さなど様々なことを教えてくれました。映画のおかげで生きてこれたと言っても過言ではありません。こういった映画の素晴らしさを少しでも多くの人に届けたいと今は思っています。このほかに、国際関係にも興味があるので、今から留学が楽しみで仕方がありません。

しかし、夢の実現の為にはNICでの1年間、それこそ死ぬ気で勉強しなければならないと思います。勉強あるのみです。きっと今までの自分だったら、自信が無くて、勉強する前からあきらめていたと思います。それは具体的な目標が無く、何のために勉強しているのか分からなかったからだと思います。でも今の僕には先ほど書いた二つの大きな目標があるので、これを乗り越えて行く自信があります。人生は一度きり、この出会いを大切にしたい。

Posted by ktukjp at 15:28