January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 群馬県立高校出身○AO入試

私はとにかく英語が話せるようになりたい。私は中学のときから日本の大学の外国語学部を目指していました。大学へ行けば英語が話せるようになれるという考えでした。NICを知ったのは2年生の時で、留学したいという気持ちはあったが、その時はNICへの入学は考えていませんでした。しかし、3年生になり、本気で進路について考えたとき、日本の大学に入って本当に英語が話せるようになるのか。自分は外国文学に興味があるのか、など疑問を感じ始めました。そういうことを考えると日本の大学に興味がなくなり、留学したいという気持ちになりました。それからまたNICの資料を請求し、説明会や体験授業へ行きました。学校のシステムやどんな学生がいるかなどの廣田和子さんのお話を聞いてから、自分も変われるかもしれない、と思いました。親に頼ってばかりで甘ったれていた自分がとても情けなかった。夢に向かって一生懸命な学生を見て、私は努力しなければならない、今のままではいけないと思いました。その日を境に、親に頼ることなく、恥ずかしがらずに自分の意見が言えるようになり、自分のやりたいことは自分で何とかできるようになれた気がします。まだ恥ずかしい気持ちがあり、積極性があるとはいえないが、以前の自分より良くなった気がします。もしここに入学できれば、消極的な自分がもっと積極的で自分の意見がきちんと言える人間に変われると思いました。ただ、NICに入りたいという気持ちは強いが、1年で渡米できるかが心配でした。その不安を○○さんに相談してみると、「1年あれば十分。あとは自分の努力次第。」と言われました。それを聞いて不安がなくなり、どれだけ英語力がつくか自分を試したいと思うようになりました。

私の夢はフライトアテンダントになることです。小さい頃からの夢でした。しかし、高2のとき友達の誘いで看護体験をしました。実際に看護士さんの仕事を見たり、患者さんの体を拭いてあげました。患者さんはとても気持ちよさそうで、何度も「ありがとう。」と言ってくれました。人に感謝されることがとても嬉しくて、看護士になりたいと思いました。どっちになりたいのかはっきり決められません。本当に無理なことかもしれないが、両方やってみたい。私の考えは、大学で看護を学び、看護の知識を持ちつつフライトアテンダントになれたらいいなと思っています。

この夢を叶えられるのはNICしかないと思います。まずは自身の努力が必要ですが、夢を叶えるためにハードbut楽しい日々で頑張っていきたいと思います。

Posted by ktukjp at 15:56