January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 福島県立高校出身○AO入試

私が貴校を志望する理由は、とても英語に興味があるからです。今まで水泳やピアノ、部活のバスケットボールなど色々なことをやってきましたが、一番興味をもって積極的に取り組むことができたのは、小学校6年生から習い始めた英会話でした。それがきっかけで英語が好きになり、どのような進路を選んでも英語だけははずすことができないと考えていました。進路のことも考える時期になり、「日本の大学へ進学し1年間程度語学留学をする道」と、「正規で海外の大学へ進学する道」とで迷っていました。しかし地元の郡山で行われたガイダンスの際、パーソナルアドバイザーの方の「NICに入学してきた子はみな変わる」、「建前を気にせず言いたいことが言い合える」などという言葉が強く印象に残りました。内気な性格の私は、伝えたいことがきちんと伝えられる大人になりたいと考えておりましたので、アドバイザーの方の言葉は、とても興味をそそられるものでした。一緒に参加した母も入学を強く勧めてくれました。

前述のとおり、私は英語にとても興味があるのですが、以前からファッションに興味がありました。私には体が大きいために、着たいと思った服が着られないという悩みがあります。ですから、将来は自分と同じような悩みを持つ人たちのために、大きくてもファッショナブルな洋服や靴を提供できる仕事に就きたいと考えております。これに関してはどのような分野を専門的に勉強したいかなどということはまだはっきりと決まっている訳ではありません。しかし、もし貴校に入学することができましたら、服飾科のある大学に進学したいと考えております。

私は、留学しようかしまいかということでずっと迷っていましたが、留学をしましたら大好きな英語を生で深く勉強することができます。また、外国でなら人の体の大きさや人種もさまざまなので、たくさんの事柄を吸収でき、それをファッションの面にも生かすことができるのではないかと思いました。さらに留学をするという決意をするきっかけとなったのは、貴校のガイダンスや夏期講習に参加し、貴校の魅力を知ったためです。しかしそれ以上に廣田和子先生が書かれた本で、貴校の卒業生の生い立ちや考え方を読ませていただき、できないことはないかもしれないと思えるようになったからです。貴校でなら、夢などの大きなことを言っても、正面から受け止めてくれる先生方や仲間に出会えるような気持ちがしました。

貴校に入学しましたら、私は私を「変える」ことができるよう努力したいと思っています。そして、性格の面でも、言葉の面でも自信を持てるよう努力を続け、自分の夢に向かって進んでいきたいと考えています。

Posted by ktukjp at 17:05