January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 大分県立高校出身●特別奨学生入試

私が貴校に興味を持ったきっかけは、高校内で行われた学校別の進学説明会でした。私は外国語科に在籍しているため、ネバダ・カリフォルニア大学という名前に惹かれました。説明してくださった方のお話は興味深いものでした。特に、他の大学にはない転換教育、レベルの高い授業、膨大な勉強量についてなど。すべたが私にとって魅力的で、ますます興味がわいてきました。「ここなら自分の可能性を広げられる」 「ここなら夢が現実になり得る」 「ここなら今までの自分をやり直せる」直感的にこの学校だと思いました。

今までの私は、両親の支えの中でしか生きていない自分に甘い人間でした。自分に甘い事が、結果として特に優れた能力のない、どこにでもいる高校生を作り上げました。高校入試の時も、自分の実力の範囲内で、高校を選びました。自分の可能性について考えた事もなく、何事も消去法で選んできました。しかし、高校生活を通じて、私の考えが変わりました。

高校生活は三年間野球中心の生活でした。甲子園という華やかな舞台を夢見て入部しました。華やかさの裏側では、私が経験した事もないハードな生活が待っていました。何度も辞めようと思いましたが、三年間続けた事で色々な事を学ぶことができました。仲間の大切さ、最後まで諦めない事の大切さ、集団の力の偉大さ、私を支えてくれる人の有難さ、これらのことが私を大きく成長させてくれましたし、何より自分をコントロールできる精神力が培われました。高校野球を三年間続けられた事が自信となり新たな挑戦をしたくなりました。

私が特に貴学に魅力を感じるのは、留学を成功させるための転換教育です。今の私には留学したいという願望はあってもそれに値する英語力がありません。貴学の高い渡航率を見ても、いかにシステムが充実しているのが分かります。それにともなう貴学の勉強量にも興味があります。今までは、ぬるま湯につかっていたような私ですが、三年間、高校野球を通じて培った精神力、体力、自己抑制能力をさらなる厳しい環境で試したいです。

貴学に入学後の目標は、まず慣れない環境に順応すること、解禁をすること、留学できる英語力を身に付けることです。行ったこともない東京で、したこともない一人暮らし、体験したことのない勉強量。そのすべてが私にとって未知の世界です。昔の私なら決して挑戦することのなかった道ですが、自分自身の可能性に賭けたいと思います。

私には大きな夢があります。アメリカに留学しMBAを取得し、国際的な経営者となって自分のビジネスシステムを立ち上げ、その後は、海外のいたるところを旅して周り、社会貢献に全力を注ぎたいという大きな夢です。これまでは見る事しか出来なかった夢ですが、貴学で可能性を広げ夢を達成するための強い精神力と人間力を培いたいと思います。

Posted by ktukjp at 18:18