January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 北海道私立高校出身●自己推薦入試

私が貴校に進学を希望した理由は二つある。
一つは、外国に深い思い入れがあるからだ。中学から高校にかけて、洋楽や洋画、欧米ドラマや海外の俳優などに興味を持ち始め、趣味の多くが外国に関係している事に気付いた。学校でも一年次に受けたオーラルコミュニケーションのような参加型授業が好きで、ネイティブの先生と出来る限り多く接し、自分の思いが相手に伝わり理解してもらう事に充実感を覚えた。また、二年次の十月から約半年間、私の家族はオーストラリア在住の台湾人留学生のホストファミリーを引き受けた。四ヶ国語話せる彼女とは仲がとても深まり、この経験で留学したいという思いはさらに強まった。高校では何度か短期留学のチャンスがあったが、学校行事との兼ね合いでそれを活かせなかった。その後悔の念も、卒業後は是が非でも留学したいという思いに深く結びついた。

もう一つの理由は自分を成長させたいという強い志によるものだ。私は幼い時から、他人と同じ事が嫌いで、自分の考えや意志を持ち行動してきた。また、何もせずに後悔はしたくないため、頭であれこれ考えるよりも、思い立ったらすぐ行動に移す方だ。私はスポーツが得意で、高校にも硬式テニス部の推薦で入学し、全道大会にも多く出場した。高校生活における部活動での苦労、挫折等は貴重でかけがえのない経験となり、私を成長させてくれたものだと確信を持って言える。

しかし、今、改めて自分の将来を見つめた時、このまま日本の大学に進学し、果たして自分を成長させられるのだろうか、と思うようになった。私の周囲のこの慣れた環境の中には、多くの甘えや誘惑がある。だから、あえて今いる場所とは言語、習慣、文化、人種などが全く異なった地に身を置き、学ぶ事によって、自分を成長させたいと考えたのだ。学問だけではなく、日本とは異なった環境で変化や刺激のある生活を送る事によって、視野を広げ人間性を磨き、本来の何倍も自分を成長させる事が出来るだろう。以上の考えから貴校に入学する事を希望した。貴校を実際に見学し、学校の雰囲気、関係者の方々による親身な説明やアドバイス、先輩方の経験談に深く感銘を受けた。また、先生と生徒が向かい合い、意見を直接交し合うという日本の大学とは対照的な授業スタイルは、大変魅力的に感じられた。私は心理学やフォトグラフィックの分野にも深く関心があり、貴校での自分の努力次第で、渡航後様々な分野から希望する科目を専攻できることにも刺激を受けた。ここならば自分を成長させる努力が出来ると確信している。

貴校では、英語で授業を受けるので、相当努力が必要だと思うが、それを必ず乗り越え是非留学したいという強い気持ちを抱いている。そして、今の時点ではまだ具体的に決まっていない将来の夢を、このNICで探っていきたいと考え、貴校を志望した。

Posted by ktukjp at 18:43