January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 鳥取県立高校出身○自己推薦入試

私がNICを受験しようと思った理由の一つは、生徒一人一人が同じ正規留学するという夢を持って、勉強しているというところに惹かれたからです。同じ夢を持った人達が一緒に勉強できる事は、私にとってはこれは一つのあこがれでした。私が、英語講習会に参加したときは、ただただネイティブの先生の言われている事を聞き取って自分なりに理解するだけでも精一杯でしたが、時たま笑いもあり楽しみながら受けることが出来ました。自己紹介をした時は、人前で初めて長く英語を話したので、すごく緊張しました。年上の方や年下の方とも色々と話ができ、最後の懇談会は参加できなかったのですが、受けていてとても楽しかった事を覚えています。

二つ目は、中学の頃からネイティブの先生などの印象もあり、海外留学には興味があったからです。交換留学は、高校に入ったらやりたいと思っていた事でしたが、結局できずに、そのときに諦めてしまいました。でも、やはり進路を考えなければいけない時期に来たときに、海外へ行きたい思いはまだありました。諦められず悩んでいた時に、NICに出会い、私は、廣田先生の本を見かけて読んだ時に「死ぬほど勉強する」という言葉に驚きました。一身に何かに取り組んだ事がなかった私は、その言葉にすごく興味を持ちました。私も、NICで本気で学びたいと思うようになり、卒業生の方の話に「今やりたい事は、今やるべきだ」と書いてありました。私はこれを読んだ時になぜか共感させられて、私は諦めず留学したいと思い、そこで死ぬほど勉強して、海外の大学では自分の夢に向かって学びたいと思いました。

私が日本の大学ではなく、海外の大学を選んだ理由は、私は昔から、英語に自信があったわけではなく、むしろ苦手な方でした。ですが、私はやりたい事がたくさんあり、看護や天文学、生物学と一つには絞れないので、そういった点でも日本の大学に比べ、海外の大学では色んな科目を選ぶ事ができ、受けることが出来るからです。

もう一つは、留学をすると今まで日本の中で見ていた日本の視点が、外から見ると日本を客観視してみる事が出来るため、色んな考えが自分の中で出来ると思うからです。だから、私はNICへの入学を希望しようと思いました。

Posted by ktukjp at 18:52