January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 宮崎県私立高校出身○特別奨学生入試

私がNICの存在を知ったのは高校二年生の夏でした。私は投じ薬剤師を目指し薬学部を志望していましたが、それは収入の安定性を考えたためで、今思えば本当にやりたかったことではありませんでした。当然その志望に疑問を感じていましたが、そんなときに学級で進学雑誌が配布されました。ページをめくって何気なく目に留まったNICの記事を読んでいるうちに、これが自分の求めていた答えかもしれないと思い、早速資料請求しました。

幼い頃から私は英語に対する興味が強く、英語を自在に操ってみたいといつも思っていました。また映画を見ることが好きで、洋画に登場するアメリカの町並みはまさに私の憧れの的でした。

小学5年生のときにユネスコの企画でオーストラリアにホームステイをしたことがあります。塾に通いほんの少し英語を学んではいましたが、いざ言ってみると思うように言葉が出て来ず、そこで初めて自分の思いを伝えられないもどかしさ、言葉の壁を感じて英語をもっと学びたいと思うようになりました。

私の両親、特に母はもともと留学に対して協力的で、NICを知る以前にも、大学に入学してから交換留学などの制度で留学をする予定でした。私のよき理解者であった母は、私が嬉々としてNICのことを話したときも驚くことなく賛成してくれました。

私は昨年七月に行われたオープンキャンパスに参加しました。ネイティブの教師が教え日本語が一切使われない授業を体験して、やはりこれこそが自分の求めていたものだと実感しました。先生方もとてもユニークで、すぐに私の緊張をほぐしてくれました。その費の午後に受けた海外進学ガイダンスで、私のNICへの期待と信頼は確かなものとなりました。クリティカルシンキング、そしてアカデミックスキルという言葉が廣田和子先生のお話にありました。初めて耳にした言葉でしたが、説明を聞くうちに海外の大学に進学する為にはただの英語力では駄目なのか、と気付かされ、同時に海外留学を何としてでも成し遂げたい、そのためにNICで本気で勉強をしてみたい、と思いました。

私の将来の夢はまだ漠然としていて具体的に何になりたいのかは決まっていません。しかし、自分の大好きな英語を活かすことのできる『志事』(しごと)に就きたいと思っています。ハードBUT楽しい、そんなNICで本気の留学を目指し、自分の夢を探していきたいです。 以上の理由から、私は貴校への入学を希望します。

Posted by ktukjp at 19:44