January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県千葉市立高校出身○指定校推薦入試

私は海外の大学で英語を極めたいと思っています。“極める”ということは、ただ英語を話せるようになるだけではなく、英語で何かを学び、知識をつけることです。日本の大学では、1つの分野を選択しなければならないため、英語を選択すると、英語以外の分野を学ぶことができません。私は、英語以外に観光や旅行などにも興味があるので、海外の大学で英語と共に学びたいと思いました。

また、海外の大学生は学ぶことに対して意欲が高く、毎日たくさん勉強すると聞きました。そしてNICの学生も、海外の大学で何かを学ぶという高い目標を持っていて、日本の大学の課題と比べ物にならないくらいの量をこなしていると聞きました。私は、中学校・高校と、部活動に力を入れてしまい、思うように勉強できなかったので、大学は勉強できる最後のチャンスであり、少しでも多くのことを学びたいと思い、その課題の量の多さも、海外の大学、そしてNICの魅力だと思いました。ですから、私は、充実した生活を送るために海外の大学への進学を選択しました。しかし、今の私では、海外の大学にあたって、語学力も留学に就いての知識も少ないので、十分な準備期間、海外の大学への進学について信頼できるサポート、同じ目標を持った、学ぶことに対して意欲の高い仲間が必要です。なので、一年間、NICという今の私には足りないものを学ぶ為の最適な場所で、基本的なことから海外の大学で通用する英語まで、仲間と助け合い、競い合い、意欲を互いに高めあいながら学んでいきたいと思いました。

以前に、学校のALTの方が『イギリスで仕事をしていたけれど、このまま狭い世界で一生を過ごしたくないと思い、日本に来たことが人生を大きく変えた。君たちの人生を変えるチャンスは、大きなことか小さなことか分からないが、必ず訪れる。時間は戻って来ない。そのチャンスを無駄にしないで。』とお話してくださり、その言葉が私の気持ちを後押ししてくれました。海外の大学で学ぶということが、私の人生を変えるチャンスだと思っています。ですから、このチャンスを無駄にせず、将来につないでいきたいです。私は将来、語学と観光・旅行学を学んだ後、旅行会社で働きたいと思っています。私が中学2年生のときに、家族旅行の帰りの飛行機が故障で飛ばず、帰国が一日遅れたことがありました。そのとき旅行会社の女性が、不安な私たちの心のケアをしてくれたり、英語が堪能でない私たちの代わりに搭乗券などの手配をしてくれ、感謝の気持ちと『わたしもこんな、たくさんの人が快適な旅行ができるようにサポートする仕事をしたい。』という憧れを持ったからです。日本の大学を卒業しても、この仕事に就くことはできると思いますが、NICと海外の大学で学ぶ知識や経験とは大きく差があり、将来の夢を実現させることに必ずつながると確信しています。

Posted by ktukjp at 19:47