January 11, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県私立高校出身●特別奨学生入試

将来ホテルに関わる仕事に就くという夢を持っており、海外に出ても通用するだけの英語力と豊かな教養を身につけるため、海外の大学で学びたいと願ってきました。海外の大学の持つ個性的な特色に魅力を感じたのはもちろんですが、実際に海外に出て生活し、その空気に触れることが大切なのではないかと思っています。

貴校の夏期特別英語講習に参加させていただいた際、自分自身を海外の大学で勉強ができる状態にまで高める為には、貴校の『死ぬほど勉強する』ことこそ必要なのだと強く感じました。小学校時代からこれまで受けてきた授業とは違って、少人数制の授業が展開され、いつもとはまったく異なった雰囲気の中で大変充実した時間を過ごすことができました。

中でも一番印象に残ったのが『DISCUSSION』です。焦点となる話題についてお互いに意見を出し合ってとことん話し合うという経験はとても新鮮で楽しいものでした。私たちは日頃、どちらかというと自分の意見があってもそれを抑えることが多いですし、自由に意見を言うことに対してはあまり良いイメージがありません。しかし、これからはお互いが自分の意見をはっきり口にし、それを共に考えるという姿勢が必要です。日本の大学でも訓練は受けられるのでしょうが、こうした習慣は日本にはないので、やはり本当の意味で身につけるのであれば将来海外に出る必要があるのではないかと考えます。卒業生の方々の姿を見ると、とても生き生きとして自信に満ち溢れていました。勉強の面で充実した生活を送ってこられたのは勿論のことでしょうが、自分をしっかり持ち、それを表現できているように思えます。はっきりとものをいう姿勢には魅力を感じましたし、私自身もそうなりたいという憧れを持ちました。

貴校への入学後は同じ目標を共有する仲間と共に頑張っていきたいと思います。夏期講習時にも感じましたが、競い合いながら勉強するのは楽しいですし、頑張れます。私はこれまでネイティブの先生の英語を聞いたことがなかったため、講習の最初の方では舞い上がってしまい理解できないところが多かったのですが、周りで一生懸命になって受講している人達が励みになって最終日までに少しずつではありましたが理解が進みました。こうした競う合いながら向上する良い雰囲気が貴校にはありました。将来の夢に向かって悔いのないよう貴校で精一杯努力したいと考えています。

Posted by ktukjp at 19:51