January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 千葉県・私立高校出身●特別奨学生入試

私がNICを志望したのは、私が初めて貴学の説明会に参加したときにお話をしてくれた方に感銘を受けたからです。その方は私の直すべき所を指摘しつつ、私ならできると言ってくれた言葉はとても心強いものでした。NICに来れば必ず変われるという○○さんの言葉に、自分でも貴学に行けば変われるという自信が湧いてきました。また貴学の授業内容やサポートもとても安心できるものでした。授業は宿題も多く大変そうだったが、だからこそ私は燃える性格なので、もし貴学に入学したら授業を受けるのが待ち遠しいです。私は高校では英語が一番好きな教科だったので、貴学では高校とはどのくらい違う授業が受けられるのかも楽しみです。私はここなら自分の夢に近づく最適な所だと感じました。私はやりたいことが明確で学部も決まっているので、あとはそれに向かって進んでいくために勉強するだけです。その勉強をするのはここしかないと感じています。ここNICには、他の留学機関にはないサークル活動があるのも魅力に感じました。私はサークル活動にも興味があるので、もし貴学に入学したら必ず参加したいと思っています。

両親は最初私の留学したいという気持ちに猛反対でした。一番の理由はやっぱり金銭面でした。私は小さい頃から大学に行くお金はないと言われていたにも関わらず、留学なんて両親にはもってのほかでした。だからこそ、努力しただけ米大学は授業料などが免除されるので、私は精一杯努力して少しでも多く免除されるように努力しようと思っています。NICはそういう意味でも魅力を感じました。貴学では成績の上位者や提携校に行くと金銭面での優遇があるからです。私は全体の成績上位になって、両親の負担を軽くしようと考えています。

私には看護士になるという夢があります。人の命を扱う仕事はとても責任が重く軽い気持ちでなれるものではありません。なので私は看護の先進国であるアメリカで勉強し、技術を身につけ、精神的にも強くなりたいです。そして発展途上国で自分の力を注ぎたいです。最近は増えてきていますが、看護留学をする人は少なく、あまり知られていません。専門用語を英語で勉強するので、日本で看護の勉強をするより大変です。だから私はその少人数の一人となり、看護留学がもっと知れ渡るように貢献したいです。

最後に私はNICに入ったら、精の尽く限り努力し、学びたいです。


Posted by ktukjp at 19:24