January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 北海道立高校出身●AO入試

NICを見つけた時、この学校こそ私が捜し求めていた学校であり、この道こそが私の生きる道だと確信しました。理由は、本気で学べる環境があるからです。

日本の学生はほとんど勉強せず、遊びやバイトをして講義を聞かず寝ている者も多いと聞きます。しかしNICの学生は皆が真剣かつ積極的に授業に参加して、一日に十時間も勉強すると知り、学ぶ姿勢がすごいと思いました。ですから同じ目標を持ったNICの仲間同士で切磋琢磨して、自分を向上させ、本気で学びたいと思うのです。日本の教育は受身方で知識吸収が中心ですが、欧米の論理的に考え積極的に自分の考えを主張していく参加型の授業、学生一人一人を「個」として見てくれる少人数制の授業という点も大変魅力を感じました。また、日本にはない欧米の大学の多様な学問、世界の最先端をいく高度な専門科目を深く学び自分の可能性を広げたいです。そして、外国の人々とのコミュニケーションや様々な文化と交流することで、様々な考え方を吸収して視野を拡大し、自主性や自立心を養い、欧米の「なぜそう思うか?」と、常に尋ねられる環境に自分を置く事で思考を深め、それを表現できるようになりたいです、

私は、高校三年進級時に高専から普通高校へ編入しました。高専に入った理由は、普通のことではなく特別なことをやってみたかった点と、今後は社会の情報化がより進行していくという予測もあることから情報工学科に入りました。しかし実際に学んでみて、想像していた内容と違い自分には合わないと感じるようになりました。高専は五年制の学校なので、残り三年間自分に合わないことをこのまま続けるより、自分に合う進路を見つけて、やりたい事をやる方が得策だと考えました。それに人生は本当に短いものだと考えています。なぜなら、今まで生きてきた十七年間があっという間だったからです。ですから自分に合わない事をやるほど残された時間はなく、進路を変更するには今しかないと考えたので編入を決断しました。そのおかげで海外留学という新しい進路を見つけることができたので本当に編入してよかったと心から思います。

私には夢があります。それは会社を起業して成功する事です。そして、日本より最先端をいくアメリカの経営学を学びたいです。経営者になりたい理由は、非常に責任感のある仕事で、起業して成功する事はとても大変な事ですが、その分自分の思うように仕事を進められるので、おもしろそうでとてもやりがいがありそうな仕事だと思ったからです。最後になりますが、私は海外留学を成功させたいです。学校紹介ビデオを見て、私もNICの先輩達のように輝きたいと思いました。留学はとても大変なものだと思います。しかし、その分素晴らしい経験を積むことができ、一生かけがえのない自分の財産になると思うので私はこの進路を選択しました。一生懸命勉強して一度きりの人生納得のいく最高のものにしたいです。

Posted by ktukjp at 20:47