January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 福岡県立高校出身●AO入試

私が留学する手段としてNICを選んだのは、せっかく留学するのなら、必要なスキルをしっかりと身に付けてから、現地の大学の学生と同等のレベルで学びたいと思ったからです。NICはレベル別にクラスが分かれているため、自分にあったレベルで学ぶことができ、またより高いレベルに向かって自分の能力を高めることができます。また、同じ目標を持った仲間達と一緒に学ぶことによって自分の目的意識も高まります。NICでは多くの課題が出され、死ぬほど勉強しなければこなすことができないと聞きます。しかし、それは自分を高めるためには必要なことで、また留学先で現地の学生と同じ様に課題をこなしていくためには必須だと思うのです。そして、私が一番心配していた留学中の生活面や学業面におけるケアや、就職面でのサポート体制も整っており、ここなら安心できると思いました。また、NICでは一般教養科目を履修することができ、さらに取得した単位を渡米先の大学で認められるという点にも惹かれました。

私が留学したいのは、海外小説や洋画を見ているうちに海外への憧れを抱くようになったためと、情報としてではなく、直に触れることによってその国の文化や人々について知りたいからです。また、英語は世界共通語なので留学先の国の人達だけでなく、いろいろな国の人たちとコミュニケーションを取ることができます。そのコミュニケーションを通して他の国独特の文化や物事に対しての考え方や捉え方、また日本との相違点を知り、日本独特の文化を改めて理解することができればと思います。また、逆に他の国の人から日本はどう見えるのか、良い所や悪い所などを知ったうえで、日本人としての誇りを持てるようになりたいです。さらに、留学することによって自分自身を成長させたいと思っています。

将来の夢は正直言うと、まだ決まっていません。だから、NICに入学後は資料で調べるだけでなく、卒業生の方や社会人の方、同じ留学を目指す人達などいろいろな人の話を聞いて、自分が一番就きたいと思える仕事を見つけられたらと思っています。そして、社会に出たら、積極的に仕事に取り組み、言われたことだけではなく、それ以上の事をし、自分の仕事を自信を持ってこなせる人になりたいです。

NICで過ごす一年間はたとえ厳しくとも、とても大事な期間だと思います。その一年間を乗り越えることができれば、きっと留学先でも挫折せずきちんと卒業することができるでしょう。そして、それは自分の自信へとても繋がると思います。だからこそ、NICに入ったら精一杯、それこそ死ぬほど勉強して、留学後に後悔することのないようにしたいです。また、NICをきっかけに、良い方向へと自分自身を変えていきたいです。

Posted by ktukjp at 20:53