January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 神奈川県・私立高校出身○特別奨学生入試

私が海外を意識し始めたのは、物心がついた時だったと思います。私の母はシンガポール人で、子供の頃、夏休みはいつもシンガポールにいる祖母の家で過ごしていました。そこは多民族国家で、私の親戚は中国系の民族なので主に中国語を使っていますが、私に話しかけるときは共通語の英語を使っていました。けれども、その時は私は英語が分からなくてあまり話すことが出来ず、親戚達が話しをしている時も何を話しているのか分からなくて話しに入っていけず、とてももどかしさを感じました。その感覚によって、私の中には「いつか必ず英語を話せるようになりたい」という強い意識が生まれました。

そして小学六年生の夏休みの時に、祖母が引越しをして部屋の数が少なくなり、私の家族が泊まれなくなってしまったので、ホテルに泊まることになりました。そのときに初めてホテルに長く泊まり、そこで毎日色んな人種の人たちと過ごして、それがとても新鮮で、いろんな人が集まるホテルの仕事に憧れるようになりました。

また、高校二年生の時に、夏休みに三週間アメリカにホームステイをしました。英語の勉強をするためと、もっと外国の人たちと接したかったからです。初めてのアメリカで少し不安もあったけれど、ホストファミリーの人はとても優しくて、英語もゆっくりと話してくれたので、何も問題なく過ごす事が出来、あっという間に三週間が過ぎていきました。

ホームステイを終えて、私は何か物足りなさを感じ、これでは終われないと思いました。確かに英語の勉強にはなったけれど、まだ完璧ではないし、もっと長い時間、本格的に勉強したいと思いました。けれども、英語を勉強するのではなく、英語で興味のある観光やホテルについて勉強したいと思うようになりました。そしてもう一度アメリカに行き、留学しようと決意したのです。しかし、留学しようと思っていても、海外の大学へ挑戦することは簡単ではないし、気持ちだけでは出来ません。でも、一歩ずつ努力していけば、大きな道が開けると思います。

貴校では、一年間で海外の大学に必要なスキルを身につけることや、英語力の向上だけではなく、同じ留学という目標を持った仲間に刺激受けながら学ぶ事ができ、精神的な力も養う事が出来ます。そんな素晴らしい環境が整った中で、私は実力を付けて大きく成長し、自分の可能性を信じて留学を実現したいと思い、貴校への入学を志望します。

Posted by ktukjp at 21:10