January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 長崎県立高校・広島市内大学出身○特別奨学生入試

生きていくために必要な力とは何でしょう。たとえ経済的に豊かでなくても自立した精神を持つ人がいる中で、私は大学までいった見でありながらそれが少ししか養われていない気がしました。

大学で、私は芸術学部の油絵を専攻しました。それを起点に社会へ繋がれるように創作の幅を広げたいと考えていました。在学中は製作だけではなく理論として芸術を考え、逆に違う分野の本を読みそれらへの繋がりや自分の創作への意義を模索しました。又、社会経験も兼ねてアルバイトをしました。しかし、なかなか将来への具体的な答えが出ず、これといった手ごたえも得られずに悩みました。先生や友人に相談するにも限界があり、これは自分で解決すべき問題だと思いました。高校生の時よりも大学へ行くことで技術力はついたものの創作への意欲が浮き沈みし始め、そのまま卒業を迎えてしまいました。大学生活は全く無駄ではありませんでしたが、私が直面したこの問題は乗り越えるべき一つの壁として残りました。そのため、私はもっと学び、幅広い視野にたってこのことを考えなくていかなければならないと感じました。

それには、海外で学ぶことは、私にとって大きな意義があると思いました。なぜなら、いろいろな人種が集まっている社会の中で価値観が多様化しているため物事に対し幅のある見方が出来るからです。これは、ただ本を読んで知るだけではなく、実際に接することで本当に見えてくるものだと思います。そのため、選択肢の広い海外の大学が学びの可能性を広げ、より自分自身を知るきっかけになると思いました。しかし、語学力のない私にとってすぐに留学は出来ません。今までの経験からも自力だけの勉強では人と話す力をつけるのは難しいいと思いました。どうすればいいか考えていた時、ちょうど母が知人から聞いたNICのことを教えてくれました。

早速ガイダンスに行きました。その中の資料には「どんな人に入学して欲しいか」という項目の全部に私が当てはまりました。NICは日本の学校のように受け身型ではなく参加型の授業で積極性と自発性を促し、コミュニケーション能力が養われる場だと知りました。又、厳しいけれど、学校全体が勉強することに協力的で偏見がないと感じ、入学を決意しました。

将来的には、絵本や児童書の出版社に勤めたいと考えています。世界中から優れた絵本を発掘し、また自分でも自分でも創作出来る力つけたいです。それにはやはり能力だけではなくモチベーションの高さが大切です。今の私のやる気をNICでの生活に中でさらに高め、仕事の中で生かしていけるように努力したいと思います。

Posted by ktukjp at 21:13