January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 大阪府立高校出身○自己推薦入試

人生を楽しむ。これが私のモットーである。

人によって楽しいと感じることは様々であるが、私にとっての楽しさとは、何かに熱中し努力する事である。そのため、真剣に努力する事が当然の環境に身を置きたいと考えた。

高校から進路は一般的に大学へ進学というものであるが、私は日本の大学に希望がもてずにいた。良い噂を耳にしないのだ。例えば、講義を代弁で参加し適当に卒業するといった事である。そこでなぜ不真面目になるのかを考えた。私の見解では、本気で勉学したくて進学してない人がいたり、予想に反して講義に対する興味が沸かず飽きてしまう人が多いからだと思う。そして、これらの問題は日本の大学の学部、単位制度の融通性のなさが原因であると思う。講義や授業内容の興味深さというものは入学せずに知れる情報が少ないうえ、講師が優れているかどうか、いまいち不透明であるのに、もし興味が薄れた際の対応策として、学部、専攻単位の変更が出来ない点が最大の問題点であるだろう。しかし、このような不満を解消してくれる大学がこの世に存在した。それがNICであり、アメリカの大学である。

アメリカの教育は日本と比べ非常に優れており、賛同できる点が多い。学部変更や学校編入が可能な点、編入の際の単位の繰越が可能な点、生徒から教師を良いか悪いか判断可能な点がそうであるが、それ以上にアメリカの教育環境がアグレッシブだからこそ、優れているのだと思う。ただ教師が述べた事を覚えるのみの受け身の授業ではなく、両者が事象を理解したうえで意見を交換し見解を広める事が、本当に正しい学ぶ姿ではないだろうか。

留学を決断すると同時に、自力では克服しがたい問題が浮上してくる。語学力、授業スタイルの壁だ。今まで、板書のみしかした事の無い人間が、異国語で話される講義をどうやって理解し、ノートをとる事ができるだろうか。全く不可能に近い。だが、NICはただ英語を学ぶだけではなく、全て英語での授業の上、アメリカと同じ授業スタイル、さらに全国から真剣に勉学に励む同志が集まるらしいのだ。それらの壁は、努力により克服し越えることが可能なのである。

私にとっての“楽しさ”を実現できる環境は完全に整った。あとは、精一杯楽しむだけなのである。眠る暇もないほどだと聞いた。上等である。それだけ真剣な場こそ私の求めているものだ。私は、このような理由でNICに入り留学したいと望む。

人生を楽しむ。これが私のモットーである。


Posted by ktukjp at 21:28