January 15, 2007

NIC入学希望理由書 - 埼玉県立高校出身○自己推薦入試

私は今の自分を変えたい。そして将来は、世界の様々な面白い事、伝えるべき事を記事にし、人々に元気を与える事が出来る雑誌ライターになりたい。そのためには、海外留学を通じ、自分を大きく成長させる必要があると思った。それが、私がNICに進みたい理由だ。

いつから自分を変えたいと思ったのかは覚えていないが、もうずっと長い間、自分を変えたいと強く思っていた。今まで何度も自分を変えようと、色々努力してみたが、出来なかった。なぜなら、私は自信の素である知識と成功体験が少ないと共に、周囲の環境がぬるかったからだ。一概に環境が悪いとは言い切れないが、しかし、例えば図書館へ行くと家で勉強するよりもはかどる事があるように、環境に影響されるのも、また事実である。そんな私が決意を固めるきっかけとなったのは、貴校のパンフレットである。私は読んですぐに、「ここだー」と思った。貴学なら、厳しい環境の中で、多くの知識と経験を積むことが出来る。「ここなら私も変われるかもしれない」と思ったのである。

今日、日本の社会は活力がないといわれている。それは、本来社会を支えて行くべき若者が、自分のやりたい事も見つけられず、ニートやフリーターになっているからだ。しかし、彼らは見つけられないのではなく、探していないだけなのではないだろうか。世の中には、探せば面白い事が沢山ある。それらを無関心な若者達に伝え、元気を与える人が必要だと思う。

貴校のパンフレットの中に、「混沌とする社会の中で、新たな人間像としての“個”、“人間力”を持った人が渇望されています。まさに“出る杭”といわれるような変革できる人、前向きにチャレンジできる人々が求められているのです」と描かれている。私は自分を変え、その“出る杭”になりたいのである。やる気のない日本の若い人々に、世界には、興味深い物や事が沢山転がっているのだという事を伝える記事を書き、少しでも多くの人に、生きる目標を見つけて欲しい。だが、今の私では能力不足である。だからこそ、私には貴校の厳しいが素晴らしい教育が必要なのだ。沢山の宿題も、短い睡眠時間も、全ては自分を成長させるものであり、日本の大学へ行ったら経験できないだろう。私は貴学のプログラムをこなし、きっと大きな力を身につけるに違いない。そして、NICの学生達のような、明るい笑顔を日本に広げていきたいと思う。以上が貴校を志望した理由である。


Posted by ktukjp at 21:34