January 16, 2007

NIC入学希望理由書 - 東京都私立高校出身・私立大学中退○自己推薦入試

私がNICの入学を希望する最も大きな要因は、アメリカに対する“気持ち”だと考えます。小学生のとき、NHK教育テレビで放送されていた『フルハウス』が私は大好きで毎日欠かさず観ていました。おそらく、親しみやすいストーリーであっただけでなく、アメリカの全てが新鮮に写ったからでしょう。この頃から既にアメリカへの憧れが芽生え始め、将来アメリカで生活したいと思うようになりました。

その後、アメリカに行きたいと思ったきっかけは、去年の初めての海外旅行でした。オーストラリアに留学中の友人に会いに行き、二週間滞在し、いろいろな所を案内してもらいながら観光しました。そこで受けた刺激により、アメリカへの憧れが一気に再燃したのです。

その矢先、アルバイト先で「アメリカの大学を休学中で学費をためるために一時帰国して働いている」という人に出会いました。私は早速、アメリカに行きたいと考えていると相談したところ「アメリカに行きたいではなく、絶対に行く!自分はアメリカに行く運命なんだ!!と思わなくてはだめ」とアドバイスされました。これにより、今まで漠然とアメリカに行きたいという、いうなれば“単なる憧れ”から、絶対に留学したいと変化していきました。

そしてふと「全ての授業を英語で行っている学校」に通うバイト仲間を思い出しました。私はそういう学校があること自体知らなかったので、ネットで隅々まで調べ、NICの存在を知りました。資料を取り寄せて読んだところ「コレだ!!」と稲妻のような衝撃が走ったのです。NICの雰囲気を体感するために何度か説明会などに足を運ぶうちに「絶対にNICに入って留学するしかない」という強い気持ちを再認識しました。そして現在通っている大学から編入する事を決意しました。

ところが、それを両親に話したところ、父の承諾が得られなかったのです。一度大学に入学しているにもかかわらず途中でやめ、再び他の学校に入学するのは許可できないとの事でした。しかし私は怯みません。何度も何度も説得を重ね、ようやく承諾を得ました。ここまで来たからには当然後戻りは出来ませんし、するつもりもありません。真剣に取り組んで成果を残し、将来とつなげていきます。
以上理由からNICへの入学を希望します。

Posted by ktukjp at 16:44