January 16, 2007

NIC入学希望理由書 - 栃木県私立高校出身●自己推薦入試

私がNICに入学したい理由を単刀直入に言うと、自分を根本的に変え、立派に自立し、スポーツトレーナーになって人の役に立つ事です。

冒頭に挙げましたように私がNICに入学したい理由は三点あります。一つは私のこれまでの消極的な話し方や控えめな性格を改め、自分から積極的に物事に取り組み、活発に発言できる一人の人間として社会に貢献できるようになる事です。消極的な姿勢で何回もチャンスを逃してきた自分と決別し、自分からチャンスを掴み、自分で己の道を切り開いていき夢を掴み取りたいです。

二つ目は、経済的にも健康的にも親から自立して親に迷惑をかけることなく両親が誇れる息子になりたいということです。私は幼い頃から両親に随分迷惑をかけてきました。いたずらっ子だった私は毎日のように他人にいたずらをして回り、私の母親は毎日のように頭を下げて近所を回っていたそうで、中学生の時の反抗期の影響もあってか、いまでは白髪染めをしなければ頭は真っ白という状態です。父親にも幼い頃からいたずらの事でよく手を煩わせました。高校でも国立の高校に落ちてしまい、私立に入学する事になって経済的に負担はかなりのものになってしまって、自分の好きなものもかわずに学費を払い続けてくれています。そんな両親にある日「親孝行とはどういうことなの」と聞いてみました。すると「経済的にも健康的にも自立して親に心配をかけることなく生きていく事だよ」と言われました。私はその言葉を聞いて、自立して一人前になって社会へ出て働いている姿を見てもらい、両親に「育ててきて良かった」と涙を流して喜んでもらえるような息子になるために、NICに入学して自分自身の精神と学力を向上させ社会に貢献したいです。

そして三つ目は、スポーツトレーナーになって怪我をしてしまった人々をサポートし、一番最適なトレーニング方法を教えて力になりたいということです。二点目に挙げましたように、私は両親のみならず、他の人々に多大な迷惑を今までかけてきました。そのひとびとの分、いやそれ以上人の役に立ち、喜んでもらえるように、運動科学やトレーニング科学の最先端をゆくアメリカの大学に入学して、絶対的なスキルを身に付け、スポーツトレーナーとして人の役に立てるような働きがしたいです。

これらの三点の理由から私の希望を叶える教育を行っている学校はNICだと説明会で感じました。私自身の個を磨き、自立して社会に貢献できるような男になり、両親に親孝行が出来るように、私はぜひともNICに入学してこれからの自分の目標を手繰り寄せ、掴み取れるように日々充実した生活を送りたいです。

Posted by ktukjp at 16:45