January 16, 2007

NIC入学希望理由書 - 新潟県立高校出身○自己推薦入試

私は幼い頃より英語や海外の文化に興味を抱いていました。五歳の時、約一年間アメリカ滞在をして現地の学校で授業を受けたのを今でも覚えています。その時の事は大きな衝撃となり、英語への興味と未知なる文化への探究心の礎となったのです。

アメリカという国はヨーロッパに比べて歴史の浅い国でありながら現代の様々な風俗・文化に大きな影響を与えています。特に日本はアメリカの影響を最も受けている国で、街中にそれが垣間見られます。それらの文化の源に直接触れて、自らの見識を広げ、新しい世界を構築するというのがアメリカへの進学理由の一つです。

二つ目は、アメリカで仕事を持つというのが夢だからです。そのために現地で生活し自然な会話能力を身に付け、習慣・制度等を勉強するのが目標です。
貴校を志望進学先に選んだ理由は、徹底した学生へのサポート、大勢の生徒がいることで、より沢山情報を交換し合えると思ったからです。説明会を訪ねた時、校舎も綺麗で良い雰囲気の中で勉強が出来ると感じました。

貴校入学後の目標は基礎英語の向上と、より深く諸外国の知識を得る事にあります。現在の英語力には自信がないので、入学後の授業についていけるよう、高校の復習を中心に、またアメリカの歴史学の学習を進めています。

アメリカの大学入学後の目標は前述の通り自然な会話表現や現地の生活に慣れること、また、志望学科の映画についての知識を得る事です。著名な監督・俳優・技術者の輩出したニューヨーク大学において映画人を招いて公聴会をする等、日本では経験できない体験をするのが楽しみです。さらに見知らぬ土地で暮らすことで自立心を養い、精神力の向上を図りたいと考えています。最後に、最大の魅力は様々な人種の人たちと出会えるという事です。実際に対面して今まで知りもしなかったことについて話し合い、日本人にはない芸術観・思想を議論しあうという事は大変刺激的なことです。

将来の目標は海外で映画に関係する仕事に就き、海外で培った経験を日本に発信し、新たな形態の思想・手法・作品を広める事です。現代の日本は、いわゆる「売れる」ものが主体となり市場に蔓延していて、大衆は皆満足しているように見せかけられています。自分は本当に伝えなくてはならないメッセージ、物事の根底の最も大切な事を表現するというのが目標です。そのために広い世界に足を向け、納得できる作品を作る為、留学したいと思います。

Posted by ktukjp at 16:47