January 16, 2007

NIC入学希望理由書 - 埼玉県立高校・埼玉私立大学卒業●自己推薦入試

私がNICへの入学を希望した理由は、私が自分の限界に挑戦し、自分を変えることのできる場所だと確信したからです。

まず、NICで話を聞いた時、アメリカに留学したいという事を前提に考えて、ここまで準備をしていける事に感動しました。日本にいながら、ネイティブの先生方の完全に英語を使った授業を受けられるという事。周りにも、留学する事を目標に勉強している仲間達と、刺激をしあいながら勉強できる事。実際に10ヶ月現地に行ったのに、出来なかった事ですら、日本にいながらできるということに驚き、心の準備をしてからアメリカの大学へ進学できる安心感がありました。初めてNICを訪ねた時、スタッフの方が当然のように「NICを卒業するときには、この本が一冊読めるようになるよ」と言ったのです。実際にそれと同じくらいの本にトライしていた私には、衝撃的でした。それがどれだけ大変な事かを知っていたからです。それなのに、全員ができるようになると自信いっぱいに言われ、唖然としました。しかし、それだけの努力が私自身に必要な事は承知ですが、全員がそれを達成できるような環境を提供してくれる場所なのだと感じました。

私のアメリカに行きたいという気持ちには、「自分に自信をつける」という根本的な理由があります。高校を卒業してから、自分に向き合う時間が多くあり、自分の弱いところを沢山見てきました。その弱さは、「自分に自信がどこかもてない」というところから出てきているのだと思います。その自信のなさは、私が今までずっと英語に関わってきたのにも関わらず、中途半端な状態にいるという事。英語という言語が好きで、関わっていたいと思っているのに、納得のいくところまで、英語を身につけられていない自分なのだ。と答えを出しました。しかし、日本にいるNICの一年間で、そこまでの英語力がつけられるという事で、私の自信は日本にいる間につけられるのかもしれないという風に感じました。その事は、私が今まで思っていた事よりもすごい事で、英語を習得する事がゴールではなくて、アメリカにそれ以上の挑戦をしに行けるということです。それには、アメリカに行った時の悔しい思いが関係しているのだと思います。その時、アメリカの大学の授業をとる事ができたのですが、宿題で出される教科書も読めず、授業で聞く先生の話も、生徒の意見も、全くといっていいほど理解できず、授業を受けたという経験という程度にしかなっていないのだと思います。今回NICで勉強してからアメリカへ行く事で、前回のようにそこにいるだけではなく、アメリカの大学に通っている生徒と同じ立場で、同じように授業に参加するのだと強く思っています。

そして、これだけの大変な勉強をするんだよ。と言われても、嫌な気持ちはなく、とても楽しみにしている自分がいるという事。私は本当に英語が好きなんだなぁと実感しています。現在のNIC生の楽しそうな姿やスタッフの方々と触れ合って、さらに英語を勉強していく楽しみと、それを達成した時の喜びと、達成した後の挑戦に、期待を膨らませています。何事にも時間のかかってしまう私ですが、このように挑戦したいと思える事、NICという学校に出会えたからなのだと思います。

Posted by ktukjp at 17:14