January 16, 2007

NIC入学希望理由書 - 神奈川県私立高校出身●自己推薦入試

幼い頃から、海外で働きたいという気持ちがあった。そのきっかけとなったのは幼稚園時代から業で英語を学んでいたことだと思う。しかし、小学校三年生頃までは英語が好きではなかった。その当時は、英語による会話の内容がある程度は理解することができていても、英文を読み取ることができなかったからだ。しかし、小学校四年生から始めた英会話教室では、以前では困難であった英文の読解ができるようになり、英語の楽しさを味わうことができた。今までは、理解できなかった英語の文章が読めるようになり、大変嬉しく思ったことを今でも覚えている。何かきっかけをつくれば、何事も楽しくなるということを改めて認識した。

大学で何かを学びたいかは、自分でも以前は明確ではなかった。とにかく海外で働き、暮らしたいと漠然と思っているだけであった。しかし、中学三年生の時、一つの明確な理由が自覚できた。家族で海外旅行に出かけた際、現地でツアーコンダクターとして働いている日本人女性に出会った。私はその人が非常に心がひきつけられ、憧れを抱いた。それ以来ずっと私もその日本人女性のような職業に就きたいと思っていた。その後、留学経験をしたことがある方と出会い、留学の話を多く聞く機会を得た。その方は、海外のホテルスタッフとして働いていたことがあったそうだ。海外のホテルで働くと、英語力もつくし、数多くの人とコミュニケーションがとれ、様々な刺激が受けられるということを聞いた。それにより、海外のホテルで働きたいという意欲がより一層強くなった。海外のホテルスタッフとして働き、世界各国の人たちとコミュニケーションをとりたいと思うようになった。

アメリカへ留学したいと強く願うようになったのは、アメリカでは生の英語に触れることができるし、多くの人と異文化交流を図る中で、様々な刺激を受けられ、そして多様な知識を吸収できるからである。

私がNICを選んだ理由は二点ある。一点目は、他の留学機関とは異なり、一年間の日本における専門課程で必要な知識を身に付けることができることだ。そして、二点目は、生の英語を学ぶためには、その国の文化と歴史を背景とする日本からでは見えなかった本当の姿を理解しないと生の英語を学ぶことができないと思ったからだ。

先日、学校説明会に参加させていただき、それが可能であるということと、卒業生の方の体験談を聞いて就職率が高いことがわかったため、安心して決心した。入学後は、多くの事を吸収し、決心したことを実現するために努力し、あらゆる知識を身につけたい。

Posted by ktukjp at 18:16