January 18, 2007

NIC入学希望理由書 - 愛知県私立高校出身○指定校推薦入試

私は、NICへの入学を志望します。
私が英語に興味を持ち始めたのは、高校2年生の時にオーストラリアへ8週間語学研修に行った時です。その時は現地の人々の内容が十分に理解できず、自分の言いたいことも英語でうまく伝えられなくてとても悔しい思いをしたので、これから一生懸命英語を勉強して、世界中の人に自信を持って自分の気持ちを主張できるようになりたいと思いました。2006年6月、高校にNICのダニー先生が来校されて、貴校の存在を知りました。その時にダニー先生のNIC風の簡単な英語授業を体験させていただき、ダニー先生の授業は笑うときは大いに笑い、考えるときはしっかり集中して考えるというメリハリのある授業だったので、今でも深く印象に残っています。でも私は、英語が大好きな反面、英語力には自信がないので、ダニー先生の話を真剣に聞いても、内容をほとんど理解することができませんでした。私はダニー先生にわからないなどと一言も口にしていないのに、ダニー先生は、話の内容を簡単な単語でわかりやすく、面白く、丁寧に教えて下さり、すごく嬉しかったことを覚えています。ダニー先生はもちろん、私にも貴校の学生さんに教えるように、普通に教えてくださったことと思いますが、私はそんな貴校の授業形態に惹かれ、ダニー先生をはじめ、貴校のレベルの高い優秀な先生のもと本気で英語を勉強したいと強く思いました。

私は将来、外国に日本感覚あふれる和風なカフェを開いて、もっと日本の文化を世界に広めていけるような仕事がしたいと考えています。こんな漠然とした夢は今はまだ具体性がなく、最初にどんな学部・学科をとって何から勉強したらいいか分からない状態です。もし、日本の大学を受けて自分が決めた学部・学科が自分の想像していた勉強内容と違ったら、変更はできないけど、アメリカの大学は、学部未決定で入学でき、学部・学科の変更もできるとおっしゃるとお聞きしたので、もうアメリカの大学に行くしかないと思いました。アメリカの大学に入学できたら、価値観の違いや異文化を学んで、自分の視野を広げたいです。貴校の『ハードbut楽しい』しっかりとしたカリキュラムを全国から集まった同じ目的を持つ友達と一緒に学ぶことにより、夢が叶えられると信じています。

私は高校で2年半バトミントン部で活動していました。部活で得たことは、目標に向かって努力することのすばらしさです。これは自分が高校時代に得た最大の財産です。貴校に入学することができたら、この時の体験を活かし、目標を達成する為に自分に妥協せず、勉強面、生活面でも精一杯努力しつづけます。上京して今と全く違う環境の中で自分がどこまでできるか試したいです。辛いことがあっても、目の前のこととしっかり向き合って夢に向かって突き進みたいです。最高に濃い一年が送れるようにがんばります。

Posted by ktukjp at 12:34