January 19, 2007

NIC入学希望理由書 - 北海道札幌市立高校出身○自己推薦入試

私は、幼い頃から外国に興味がありました。五歳の時に英会話を始め、現在までずっと続けてきました。私の夢は、外国で働く事です。様々な国の文化に触れることが好きで、その国の人々と触れ合いたいと思ったのが始まりでした。

周りの人達が進路を決め始めた時、私は日本の大学に興味を持てませんでした。進学したい気持ちはありましたが、なかなか進路を決められずに高校三年生の夏を迎えました。私は妥協したくなかったので自分の進む道について日々悩んでいました。

そんな時、私はNICに出会いました。目標が定められなくて迷っていた時に、廣田和子先生の本を読んで、大変興味が湧き、NICの資料を沢山読みました。説明会にもすぐに行きました。私はNICの日本式の教育から欧米式の教育への転換教育と独自の英語教育に魅力を感じました。リーディングやリスニングより、スピーキング、ディスカッションを重視する授業スタイルは私にとって興味深いものでした。日本の大学の授業といえば、広い講義室で先生の話を聞き続けるというイメージでしたが、NICは少人数制で先生と生徒の間に常に会話があり、自ら学ぶ力を引き出すというものでした。分からなければ徹底的に理解するまで話し合うという授業に参加したいと思いました。また私はずっと留学したいという夢を持っているので、二年目からの海外大学への進学もNICへ行きたいと思った理由の一つです。授業全てを英語でこなす事はとても大変だと思いますが、今まで身に付けてきた英語力を生かして頑張りたいと思います。

また、授業で発言するという事が高校ではあまりないのですが、私は人前に出て話す事や他の人と意見を交わす事が好きなので、私の素質を生かしていけるのではないかと思います。また私は中学校の頃は生徒会長を、高校では学級代表や体育委員などを務めてきました。行事が大好きな私は修学旅行や、学校祭などに、リーダーとして取り組みました。それらの経験を生かして入学後も積極的に学んで生きたいと思っています。

   「ハードbut楽しい」

この言葉に心動かされました。人間、人生で一度くらい死ぬほど勉強してみてもいいじゃない?という廣田和子先生の言葉に共感しました。NICには他の学校とは違う熱意を感じました。OBやOGの方々の体験記などを読んで、留学を通じて自分の力を試したい、私も自分で夢を叶えたいと思いました。

授業スタイル、転換教育のシステム、海外の大学への進学プログラム、NICの全てが私の望んでいたものばかりです。ここで頑張りたい、学びたいと強く思っています。

Posted by ktukjp at 19:46