January 19, 2007

NIC入学希望理由書 - 山形県私立高校出身○指定校推薦入試

幼い頃に世界を旅するテレビ番組を見た時、将来は国際的な仕事に就きたいという憧れを持ちました。しかしまだ具体的にはっきりとした職業を決めるのには迷いもあり、何より国際的な仕事に必要な英語力に不安がありました。その事を両親に相談すると中学校の先輩が卒業した貴学を紹介されました。貴学では海外の大学への正規留学を目的とし、国際社会で生きてゆく人間力をつけるため転換教育を行うシステムで、講義はネイティブの先生により全て英語で行われ、国際的な仕事に就きたい私にとって最適な環境だと思いました。

貴学のオープンキャンパスに参加し講義を受講したところ、内容は会話方式で進められ少人数制なので必ず発言する事で英語力の向上はもちろん、それに伴い考える力と発言力がつくと思いました。又、プレゼンテーションを年に数多く行い発表する力も身に付くと知りました。又、留学という同じ目的を持ったクラスメートと高い意識を持って学習に集中できると考え貴学への入学を希望しました。

オープンキャンパスに平行してライブセッションにも参加させていただき、ますます海外の大学に魅かれました。海外の大学は日本の大学に比べ学部が多く、学部を変更する事も可能なので、可能性を広げられると思いました。

又、貴学での生活は私が考えている以上にとても大変だと聞きました。海外に行くという事で親元を離れる事にも不安がありますが、しかし私は高校三年間ホッケー部に所属していました。初心者として入部した事もあり毎日の練習についていくのが大変で、なかなか上達しない自分が腹立たしく感じ大部さえ考えた事もありました。それでも三年間続けてこられたのはチームの仲間に支えられた事と目標がしっかりと定まっていたからだと思います。ホッケー部への入部を決めたのは自分自身なので努力を積み重ねその努力が身を結びレギュラーをとり、最後の大会で念願の優勝をする事ができた時は嬉しくて涙が止まりませんでした。私は部活動を通じ多くのことを学び精神的にも成長する事ができました。今考えるとこれは貴学が掲げる「ハードbut楽しい」と同じ意味だと感じました。私は今、ホッケーでの経験を今度は勉学の方で挑戦してみたい気持ちがあります。今回もいくつもの道がある中で海外留学という道を決断したのは私自身です。ですから後悔しないためにも努力し、どんなに大きな壁にぶつかっても部活動で培った精神力で乗り越えていきたいです。

大学4年間は人間としてとても成長する大切な期間です。私は自分の道を堂々と進んでいる貴学の先輩方に憧れを持ち、私もこのように信念を持った強い人に成長していきたいです。

Posted by ktukjp at 19:56