January 23, 2007

NIC入学希望理由書 - 兵庫県私立高校出身●指定校推薦入試

NICを志望した理由は姉が海外留学をしたのがきっかけです。姉が海外留学をするまでは、海外留学に関心がなく、『なぜ留学するのか、留学して何をするのか、留学する目的は何か』と疑問ばかりありました。しかし、姉からホストファミリーとの談話、文化の違い、海外の雰囲気などを聞くにつれ、『世界は広い』『行きたい』と非常に関心を持つようになりました。それまでは、国内の大学で経済学を学びたいと考えていましたが、海外の大学で経済学を学びたいと思うようになりました。僕には進路について考える時間が十分にありました。高校2年の2学期を過ぎた頃から海外留学について考え、勉学に取り組みました。しかし、海外でやっていけるのか、勉強についていけるのか、友達はできるのか、など多くの不安があります。

高校の先生に相談した時、NICを勧めてくださいました。欧米スタイルの対話型の授業で『転換教育』を行っているので授業にもついていけ、授業の言語は英語なので英語が鍛えられるとアドバイスを頂きました。その後、資料請求やガイダンスなどに参加し情報を集めました。ガイダンスでは『宿題の量が多く時間に追われる』ということを伺いました。しかし、僕にとっては好都合だと思いました。『逃げ場のない勉強環境』が欲しいと思っていたので授業が楽しみです。また、叔父から『アメリカの大学の宿題量は受験勉強以上だ』とアドバイスを頂きました。そして僕は、海外留学を決心しました。その時からこつこつと勉強しています。海外留学について留学経験者に話を聞くなどして調べてみました。海外で勉強したことは『人生の幅が広がり、苦労した経験は生きてくる』というメリットもありましたが、『どんな辛いことにも耐えなければならない』というデメリットのアドバイスも受けました。僕は、どんなメリットがあろうと一生懸命努力して自分への糧にします。それらを踏まえNICへの進学を希望しています。

将来、僕は世界で通用する英語力を身につけたいと思います。その英語力を発揮して人の役に立てるような仕事に就きたいです。国際人として、人間関係の幅を広げて、世界で活躍できるような人間になりたいと思います。

Posted by ktukjp at 11:36