January 23, 2007

NIC入学希望理由書 - 福岡県私立大学・大学院出身○特別奨学生入試

私がNICへ進学を希望した理由は、大きく二つあります。一つはずっと留学に憧れていたこと、二つめは今までの自分を変えたいと思ったことです。
 
小さい頃、英会話に通っていましたし、洋画や海外ドラマをよく観ていたので、海外への憧れはずっとありました。でも、中学校や高校のときはその頃の勉強と学校生活で精一杯で、しかも英語が苦手だったので留学なんて考えられませんでした。

大学に進学し、長期休みにホームステイで海外に行ったりして、いつかどんな形ででも海外で、特にアメリカで何年か生活してみたいと思うようになりましたが、具体的な道も見えず専門の勉強も忙しくなり、英語の勉強からもはなれてしました。

私は大学院に進学し、実験におわれる日々で、海外への夢はほとんど諦めていました、そうやって大学院で一年がたとうとしていた時に、人間関係や実験やこれからの将来のことなどいろいろな事にいきづまり、精神的にとても疲れてしまって、しばらく学校を離れ自分のこれからの道をゆっくり考えることにしました。私は薬学部に進学したので国家試験も受験し免許はとったのですが、もともと薬剤師になりたいと志望していたわけではなく、合格したからという感じで進学してしまったので、どうしても普通に薬剤師として薬局や病院で働くことに納得することができなくて、自分が本当にしたいことは何なのか、これからどうやって生きていくのか、とても考えました。そうした中で、留学のことを現実にできないかと考え調べていたときにNICを見つけました。

二つ目の理由にあげたように、私は自分を変えたいと思っていましたが、自分は自分を変えたいと思っていましたが、自分を変えるなんてそう簡単にはいきません。今までの私は何をやっても中途半端で、自分でも限界だと思うほど努力したことがなく、その為自分に全く自信が持てませんでした。もっと努力しないといけないと分かっていつつも、できない自分にイライラしていました。自分で自分のことが大嫌いだったので、周りの人からもいつ嫌われるかとビクビクしてしまい、自分の意見をいう事もほとんどできなかったし、極度のマイナス思考で、やりたいこともわからない、大した才能もない、努力もできない、こんな私は世の中にいらないんじゃないかと消えたくなったことも何度もあります。

NICのパンフレットや廣田和子先生の本を読んだり、説明会に行って話を聞いたりしていたら、私も変われるかもしれないと思いドキドキしました。個別相談に行った時は、NICの方から『環境は整っているから、あとは勇気を出して一歩ふみ出すだけだよ。』という言葉もかけていただきました。NICで勉強し、夢だった海外留学を実現できたらきっと何か変われると信じて、これから頑張っていきたいと思っています。以上が私がNIC進学を希望する理由です。


Posted by ktukjp at 11:38