January 25, 2007

NIC入学希望理由書 - 島根県立高校出身○自己推薦入試

私が留学を志す理由は、とても単純です。色々な国の人と話がしてみたいからと、英語が話せるようになりたいから、そしてもう一度、ちゃんと勉強がしたいからです。
 
もともと英語が好きで、語学留学をするつもりでした。それで、留学カウンセラーの方に相談したところ、語学留学だけでは会話は伸びないと言われました。一年間の予定で行こうと思っていたのですが、留学先で習い事と語学学校に通って、後につながるものはあるだろうかと大分悩みました。
 
私は、将来老人介護の仕事をしたくて、ヘルパーの資格は持っていますが、きちんと勉強するために専門学校へも行きたいと思っていました。あるきっかけで、高校卒業前になってまじめに勉強すると、勉強が楽しくて、もっと色々なことを学びたいと思うようになりました。その後、大学留学を知って、これなら留学も勉強も全部できると思い、挑戦しようと思いましたが、今まで大学へ行くことを考えたこともありませんでしたので、はじめは不安がありました。
 
私は、やらないとならない事ではなくて、やりたいと思ったことを実行したのは、この受験が初めてです。今までやりたくても、めんどうくさがったり、大人ぶってみたりしてやらなかった事が沢山あります。その度に後悔してきました。でも留学だけはやらないと一生後悔します。だから挑戦しようと思いました。

以前、家を離れた時に親のありがたみをひしひしと感じました。だから私は、日本を離れたら、この国の良いところがもっと分かるのではないかと思います。両親から海外へ出たら辛いんじゃない?と、心配されたぐらいに、私は日本の食べ物や畳、布団に着物や建物が大好きです。だからこそ、日本の良さを海の向こうの人たちに伝えたいです。

NICは、パンフレットを見るかぎり、勉強や制度が他の学校より大変で厳しいと思いました。私は、追い込まれないとすぐに怠けてしまうので、やる事が沢山あると自分の為にもなるし、留学してからも安心だと思い、ここを選びました。それに、廣田和子先生に説明会でお会いしたときに、先生から出ているオーラに、なにか感じるものがありました。NIC生のインタビューにも似たようなことが書いてあり、きっとこういうことなんだろうな、と思いました。私は自分の直感とNIC生を信じて、NICへ受験します。よろしくお願いします。

Posted by ktukjp at 10:30